ブログ

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)における静脈麻酔(鎮静剤)のメリットとデメリットとは?

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

こんにちは、尚視会理事長・消化器内科医の原田です。

 

 以前、内視鏡検査における静脈麻酔(鎮静剤)について解説しましたが、今回はその静脈麻酔のメリットとデメリットについて解説したいと思います。

 まず初めにデメリットであるバッドニュースからお伝えしたいと思います。一番のデメリットは、なんといっても静脈麻酔には副作用があるということです。静脈麻酔を使用すると血圧が下がったり呼吸が弱くなることがあります。そのため前回お伝えしたように生体モニターという血圧や酸素を監視する機器を用いて安全に麻酔が行われているか確認しながら検査を行う必要があります。

 

また、静脈麻酔を使用した場合には、検査後のふらつきがでたり、当日の車や自転車の運転ができないことが挙げられます。その他には以前内視鏡検査の費用でも説明しましたが麻酔剤の費用などもかかります(詳しくは内視鏡検査の費用を参照してください)。

 

 ではメリットに移ります。一番のメリットは、クオリティの高い内視鏡検査を受けれるということです。クオリティの高いとは、静脈麻酔をしているので意識がほとんどないため痛みが無く無痛ということと、内視鏡検査をする医師にとっても検査に集中できるため精度の高い検査をすることができます。通常、静脈麻酔を使用しないで意識のあるまま検査をする場合は、のどの反射が起こります。咳き込んだり、げっぷが頻回にでることがあるため患者さんの状態が気になり検査をしている医師は検査に集中できないことがあります。

 

患者さんがツライ思いをしているとなると心情的に早く終わらせてあげたいと思うのが人情です。そのためなるべく早く検査を終わらせようとしてしまうため胃や大腸の粘膜をしっかりと観察することができず病変の見逃しに通じてしまうこともあり得ます。

 

 デメリットもある静脈麻酔ですが、適切に使用すれば有意にメリットがデメリットを上回るものです。クオリティおよび精度の高い内視鏡検査を受けていただくためにぜひ静脈麻酔を使用した内視鏡検査を受けていただくことをお勧めします。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ