ブログ

夏の食欲不振に最適な丼もの:ねばとろ月見五色丼

local_offer胃腸にやさしいお食事特集

ねばとろ月見五色丼

暑かった夏もようやく終わり、気温も安定し過ごしやすくなってきて、いよいよ食欲の秋を迎えますが、夏の疲れが出てくる頃でもありますよね。

 

そこで、なんとなく疲れが抜けなくて、食欲不振気味な時にも、口当たりがよくて食べやすく、胃腸にもやさしくておすすめな、五色丼をご紹介します。

 

オクラと納豆のネバネバに、とろろと黄身がとろりととろけて、キムチのコリコリとした食感と程良い辛みがアクセントのヘルシー丼。材料を準備すればのせるだけなので、気軽にぱぱっと簡単にできます。

オクラの緑、納豆の茶色、とろろの白、黄身の黄色、キムチの赤の五色が目にも楽しく、食欲を刺激して、食欲が不振気味でもするすると食べられます。

完全栄養食の卵でパワーをつけて、オクラととろろのネバネバ成分で胃腸を保護し、発酵食品の納豆とキムチで腸の調子を調えて、美味しく食べて夏の疲れを吹き飛ばし、食欲の秋を元気に迎えたいですね。

ポイントは、納豆にキムチと卵を加えることで納豆臭さが消えて、納豆が苦手な方でも美味しく頂けるので、是非お試しください。

 

≪ねばとろ月見五色丼≫

 

【材料】 (1人分)

 

ご飯 1膳

長芋 50g

キムチ 一口大3枚

オクラ 2本

納豆 1パック

卵 1個
めんつゆ 小さじ1

醤油 少々

 

 

 

【作り方】

 

1 オクラは茹でて、かたい部分を除いて、輪切りにする。長芋はすりおろし、納豆は添付のたれとからしを加えて、よく混ぜておく。

2 丼に炊き立てのご飯をよそったら、真ん中をあけて卵を落とし、オクラ、納豆、とろろ、キムチをバランスよくのせて、めんつゆ・醤油をまわしかける。

 

【ポイント】

 

納豆にキムチと卵を加えることで納豆臭さが消えて、納豆が苦手な方でも美味しく頂けます。

 

キムチの量や塩気によって塩加減は変わるので、醤油の量で調節して下さい。

 

[監修]

料理研究家・Y’sさん

・クックパッド 

   アンバサダー2020
・2020年度

  スパイスアンバサダー

・レシピ開発、メディア出演

  雑誌などで活躍中

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ