ブログ

大腸がん検診や健診で便潜血検査が陽性となった場合には、なぜ大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が必要なのか?

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

皆様こんにちは、尚視会理事長・内視鏡専門医の原田です。

 

今回は、「大腸がん検診や健診で便潜血検査が陽性となった場合には、なぜ大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が必要なのか?」について解説したいと思います。

 

 

40歳を過ぎると皆様がお住まいの各自治体から大腸がん検診のお知らせが届くと思います。大腸がん検診は、便の中に血が混ざっていないかどうかを確認する便潜血検査を行うものです。2日間便を採取して検体を提出するだけですので非常に簡便で楽な検査と言えます。企業の健診や一般健診・人間ドックなどでも便潜血検査を受けることができます。便潜血が陽性となった場合には、2次精査といって精密検査が必要となります。2次精査としては大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けていただくこととなります。当クリニックでも多くの便潜血陽性の患者さんが来院され大腸内視鏡検査を受けられています。

 

便潜血検査

現在日本で行われている便潜血検査は、免疫法便潜血検査(IFOBT;Immunochemical fecal occult blood test)といわれるものです。便潜血検査は、大腸がんにより死亡率減少効果が60-81%認められるということが証明され有用性の高い検査であるとされています。便潜血検査は、2日分の便を採取する2日法が統計的に有用性が高いとされており2日間の採取をしてもらうようになっています。

 

現在の大腸がん検診方法は以下のようになっています。

・対象年齢;原則として40歳以上の男女

・検診間隔;逐年検診

・検診方法;スクリーニングとして便潜血検査2日法

・精密検査;全大腸内視鏡検査を第一選択

      *全大腸内視鏡検査が困難な場合には、S状結腸内視鏡検査+注腸検査の併用

      *精密検査の代わりに便潜血検査を再度行うのは不適切

 

というような内容になっており、40歳以上の方は大腸がんのリスクが高くなるため便潜血検査を受けることが推奨されています。便潜血検査で陽性となった場合には大腸がんに対する精密検査として大腸カメラが必要となります。便潜血検査は2日分の結果が出ますが、1日でも陽性とでたら大腸カメラを受けることが大事です。よく「1日分が陰性だったから精密検査は必要ないだろう」と自己判断される方がいますが、1日でも陽性であれば大腸がんのリスクがあるため精密検査である大腸カメラが必要です。また、人によっては「痔からの出血だろう」などと自己判断される方もいらっしゃいますが、自分で判断せずに消化器の専門外来を受診されることが望ましいと考えます。

 

便潜血陽性で発見される大腸がん

便潜血検査で陽性の場合に大腸カメラで発見される大腸がんと、一般の外来での大腸カメラで発見される大腸がんには異なった特徴があります。便潜血検査で陽性で発見される大腸がんは70%が早期の段階で発見されますが、一般の外来で大腸カメラを行う患者さんは70%が進行した状態で発見されたと報告されています。非常に驚くべきデータです。一般の外来から大腸カメラを受けられた患者さんは、恐らく何らかの症状が出て初めて大腸カメラを受けられることが多いと思います。やはり症状がでた段階ではすでにある程度がんが進行した状態となってしまっていることが多いと推測されます。

そのため検診などで便潜血陽性と診断された場合には、早め早めに大腸カメラを受けていただき早期の段階で発見し早い段階での治療が大事なことと考えられます。便潜血検査で陽性となったのを放置しておき、後々症状などが出て検査を受けた場合には外科手術や化学療法が必要になり、ご自身やご家族の生活設計にも影響がでてくる可能性を考えてしまうと便潜血検査陽性は決して無視のできない検査結果であると考えられます。

 

便潜血陽性者の2次精密検査受検率

便潜血陽性の方の2次精密検査受検率(大腸カメラを受ける方の割合)は日本では非常に低い値となっています。その割合はおおよそ50~60%と言われており、早期発見・早期治療の機会損失となっています(その割合は、地域によって相違があります)。大腸がんで亡くなる方は、年間5万を超えておりがんの中では肺がんに次ぐ第2位となっています。女性に限りますと第1位で、さらに大腸がんは若年化傾向にあり皆様の人生の中で決して無視のできないご病気になりつつあります。便潜血検査が陽性となった場合には「恐らく痔からの出血だろう」、「2日のうち1日だけの陽性だから問題ない」などとは自己判断せず、消化器内科・消化器内視鏡科を専門とする専門外来でご相談してください。大腸カメラは以前と比べ非常に楽に検査を受けられるようになっています。静脈麻酔を使用すればほぼ無痛で検査が可能です。便潜血陽性となった場合には、検査をためらわずお近くの内視鏡を専門としている内視鏡クリニックでまずは検査を受けられるのが良いと思います。

 

便潜血検査が陰性であった場合

便潜血検査が陽性であった場合は、大腸がんの可能性があるため2次精査として大腸カメラを受けていただくこととなりますが、陰性の場合はどうなのでしょうか?これに関しては、なかなか難しい問題です。というのも便に血が混ざらなかったとして大腸がんが必ず無いということの証明にはならないからです。確率的には低いものとなりますが、便潜血陰性の中には一定の割合で大腸がんが存在することもあり得ます。私自身も自分の患者さんから「便潜血が陰性でしたがお腹の調子が良くない」などの相談を受けて大腸カメラを行ったところ、進行した大腸がんが発見された方が何名かいらっしゃいました。あくまで一医師としての経験ではありますが、便潜血検査自体は大腸がんのリスクがある方を振り分けるという点では非常に優れた検査ではありますが、一人一人の患者さん個人個人のことを考えますと、確実に信頼に足る検査であると言い切ることは難しいかもしれません。お腹の症状があったりご家族で大腸がんを患った方がいるなどの場合には、陰性だから大丈夫とは考えずに一度消化器科の専門外来でご相談いただくことが肝要です。

 

便潜血検査に代わる新たな便検査

便潜血検査に代わり米国では、便DNA検査が最近行われているようです。便DNA検査は便中のDNA(遺伝子)の異常を解析して大腸がんを診断する検査です。この便DNA検査ですが、複数のDNA異常を検査することから複数標的糞便DNA検査とも言われています。論文の報告では、便潜血検査より大腸がん・一部の大腸ポリープの発見率は高いと報告されていますが、偽陰性といって正常の方も誤って拾い上げてしまう率が高いとも言われています。ただし、この検査ですが決して安くない検査とも言われています。今後日本で導入されるかどうかは分かりませんが、導入されればさらに大腸がん診療の幅が広がっていくのではないかと思われます。

 

以上が「大腸がん検診や健診で便潜血検査が陽性となった場合には、なぜ大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が必要なのか?」についてでした。

当クリニックでは、お仕事で忙しい患者さんのために土曜日・日曜日も大腸カメラができます。また、一度診察に来なくても24時間WEB予約で大腸カメラの予約が可能です。WEBで予約して検査当日に来院いただけましたらその日に検査が可能です。

当クリニックの大腸内視鏡検査は、静脈麻酔を使用した無痛大腸内視鏡検査を行っています。楽に検査を受けることが可能です。静脈麻酔について詳しく知りたい方は、ブログ内の「静脈麻酔ついて」をご参照ください。

 

何かわからないことがあれば電話でもオペレーターが対応しております。ご気軽にご相談していただけたらと思います。

 

※2021年11月22日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2022年4月28日に再度公開しました。

 

医療法人社団尚視会 理事長 原田英明

・日本消化器内視鏡学会 専門医 指導医

・日本消化器病学会 専門医

・米国消化器内視鏡学会 国際会員

・欧州消化器内視鏡学会 国際会員

 

  • 03-3882-714903-3882-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ