ブログ

検診・健診で便潜血検査が陽性となったらどうすればいいの?

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

こんにちは、尚視会理事長・消化器内科医の原田です。

 

今回は、「便潜血検査」について解説したいと思います。

 

現在日本で行われている便潜血検査は、免疫法便潜血検査(IFOBT;Immunochemical fecal occult blood test)といわれるものです。便潜血検査は、大腸がんにより死亡率減少効果が60-81%認められたことが証明され有用性の高い検査であるとされ導入されています。現在では、2日分の便を採取する2日法が統計的に有用性が高いとされており2日間の採取をしてもらうようになっています。

 

大腸がん検診の方法は基本的には、以下のようなものになっています。

 

・対象年齢: 原則として40歳以上の男女

・検診間隔: 逐年検診

・検診方法: スクリーニングとして便潜血検査2日法

・精密検査: 全大腸内視鏡検査を第一選択

      *全大腸内視鏡検査が困難な場合には、S状結腸内視鏡検査+注腸検査の併用

      *精密検査の代わりに便潜血検査を再度行うのは不適切

 

 

というような内容になっており、便潜血検査で陽性と出た場合は大腸がんに対する精密検査として大腸カメラが必要となります。便潜血検査は2日分の結果が出ますが、1日でも陽性とでたら大腸カメラを受けることが大事です。よく「1日分が陰性だったから精密検査は必要ないだろう」と自己判断される方がいますが、1日でも陽性であれば大腸がんのリスクがあるため精密検査である大腸カメラが必要です。また、再度便潜血検査を行うことも意味がないこととされています。

 

便潜血検査で陽性の場合に大腸カメラで発見される大腸がんと、一般の外来での大腸カメラで発見される大腸がんには異なった特徴があります。便潜血検査で陽性で発見される大腸がんは70%が早期の段階で発見されますが、一般の外来で大腸カメラを行う患者さんは70%が進行した状態で発見されたと報告されています。

 

検診・健診で便潜血陽性と診断された場合には早め早めに大腸カメラを受けていただき早期の段階で発見・治療が大事なことと考えられています。便潜血検査で陽性となったのを放置しておき、後々症状などがでて外来を受診して検査を受けた場合には外科手術や化学療法が必要などとなった場合には、ご自身やご家族の生活設計にも影響がでてくると思います。

 

また、便潜血陽性の方の精密検査受検率(大腸カメラを受ける方の割合)は日本では非常に低い値となっています。その割合はおおよそ50~60%と言われており、早期発見・早期治療の機会損失となっています(地域によって相違があります)。とくに大腸がんは、若年化傾向にありますので、お若い方でも検診で陽性となった場合には、消化器科の専門外来でご相談してください。当院では、お仕事で忙しい方々のためにも土曜日・日曜日に大腸カメラができるように対応しております。診察に来なくても24時間WEB予約で大腸カメラの予約が可能です。WEBで予約して検査当日に来院いただけましたらその日に検査が可能です。

 

何かわからないことがあれば電話でもオペレーターが対応しております。ご気軽にご相談していただけたらと思います。

 

以上が「便潜血検査で陽性になったらどうすればいいの」についてでした。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ