ブログ

胃カメラ・大腸カメラの静脈麻酔(鎮静剤)って怖くないの?

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

こんにちは、尚視会理事長・消化器内科医の原田です。

 

以前経口内視鏡スコープで検査を受ける際には、楽に検査を受けるために静脈麻酔(鎮静剤)を使用した方が良いとお話ししましたが、今回はその静脈麻酔について解説したいと思います。

 

静脈麻酔とは、腕の血管(静脈)にサーフローというプラスチック製の筒を留置して血管に直接麻酔剤(鎮静剤)を注入することを言います。このサーフローのプラスチック製の筒の中には針が入っており、針の部分が静脈に入った後に針を抜いてプラスチックの筒の部分だけを血管に残します。麻酔剤を注入するためサーフローは、通常の採血に使用する針より若干太いものとなります。そのため針を刺す時に若干痛みがあります。また、留置したプラスチックの筒のため少し違和感があります(ただし、通常の採血の際の痛みとさほど変わりはありませんのであまり心配はしないでください)。

 

サーフローを留置したら検査を進めていきます。内視鏡検査を始める前には、患者さんの名前や情報・検査内容などを確認するタイムアウトという確認作業を行います。この際に麻酔剤に対するアレルギーや基礎疾患なども確認して静脈麻酔を使用することが問題ないか確認します。麻酔剤は呼吸抑制や血圧低下などを引き起こすことがあるので、生体モニターというものを患者さんに装着してもらいます。生体モニターでは、主に酸素飽和度(SpO2)と血圧を測定します。検査前には、酸素飽和度(SpO2)と血圧が問題ないかを医師と看護師で確認します。この確認を終えたのちに麻酔剤を注入していきます。

 

検査中は常時、酸素飽和度(SpO2)と血圧を測り適切に静脈麻酔が使用できているかを確認します。検査医師は検査に集中してしまうことがありますので、酸素飽和度(SpO2)と血圧の測定を管理する看護師が最低でも1名そして検査を介助する内視鏡検査技師が1名の3名体制での検査が望ましいと考えられています(当クリニックでは3名での検査体制のほか、回復室の看護師がいつでも検査室に駆け付けられる体制を取っています)。私自身は、静脈麻酔を使用した検査・治療を数多く行ってきましたが大きな事故は経験したことは今までありません(軽いアレルギー反応などを数件経験はしています)。しかしながら麻酔剤ですので、何か起こった時にはすぐに対応できるように換気バック(アンビューバック)や挿管セット、AEDなどの準備も万全にしておく必要はあります。

 

検査中に万が一に酸素飽和度(SpO2)や血圧が下がってきたときには、鼻からカニュラというものを使用して酸素を投与したり、点滴で輸液を行い血圧を保つこともあります(ほとんどありませんが)。静脈麻酔を使用すると、検査中は寝た状態となり気が付いたら検査が終わっています。ツライ検査が気づいたら終わっているという状態となります。検査が終了すると再度酸素飽和度(SpO2)や血圧を測定し患者さんの状態が安定していることを確認してから回復室(リカバリー室)に移動します(移動の際は、検査の時に使用している寝台で寝たまま移動することができます)。

 

リカバリー室では、患者さんには横向きとなってもらいます。仰向けの状態ですと舌根(舌の奥)がのど元に落ちこんで呼吸が阻害されたり、嘔吐をした場合に誤嚥してしまう恐れがあるためです。麻酔を使用した後ですのでこのようなリスクがあるため横向きになってもらい30分リカバリー室で休んでもらいます。30分経過したら看護師により麻酔回復のチェックを行い問題なければ医師の説明となります。この時点でまだふらつきなどがある場合にはさらに休んでもらうこととなります。ほとんどの方が30分の休憩で問題なくお帰りになっています。

 

静脈麻酔を使用して内視鏡検査を受ける場合には、静脈麻酔に慣れている施設で検査を受けることをお勧めします。医師だけでなく看護師や内視鏡検査技師も静脈麻酔の内視鏡検査に慣れている必要があります。中規模の病院でも静脈麻酔に不慣れな施設もありますのでホームページなどで各施設の検査体制を確認したうえで検査予約をするのが必要かと思います。

 

静脈麻酔の実際の話を読んで少し不安になっている方もいらっしゃるかとは思います。不安を覚える方に関しましては、実際に受診されて一度医師から詳しい説明を受けることも必要かと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

*当クリニックで2021年6月~9月までに静脈麻酔を使用して内視鏡検査を受けていただいた患者様100名にアンケートをとったところ、95%(95名)の方が“全く痛みが無かった”と評価していただきました。残りの5%(5名)の方は“ほぼ痛くなかった”と評価いただきました。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ