ブログ

胃内視鏡検査(胃カメラ)はどのくらい時間がかかるの?

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

こんにちは、尚視会理事長・消化器内科医の原田です。

 

今回は胃内視鏡検査はどの程度時間がかかるのかを説明したいと思います。忙しい日常を過ごしている皆様にとって検査にどのくらい時間が必要かは非常に大事なことだと思います。1,2時間で終わるのか、半日なのか丸一日かかってしまうのかなど心配だと思います。特にお仕事をされている方にとっては平日に時間が作れないということもあり、健康維持に対する機会損失になってしまうかと思われますので、なるべく正確な情報をお伝えしたいと思います。

 

 

まず、胃カメラの所要時間について解説したいと思います。胃カメラの場合は、検査を行うにあたり次の2つのアプローチがあります。

1、別日に医師の事前診察を受けてから胃カメラ予約をして検査を受ける

2、24時間WEB予約や電話予約をしてから、当日来院して検査を受ける

といった2つに分かれます。

 

1の方では、別日に医師の診察を受けてもらい、検査の予約日を決めてもらうため一度診察に来ていただく手間がかかります。来院して医師の診察、問診票などをiPadのアプリで記入してもらったり、採血検査を受けてもらいます。込み具合にもよりますがおおよそ30分~40分程度お時間がかかります。クリニックの場所の確認やクリニック内の雰囲気・医師と一度話したい方にとっては必要なことですのでお時間に余裕のある方はこちらをお勧めします。

 

検査当日は、一度診察を受けているためクリニックに受診してもらい受付でチェックインをしてから前の検査が終わるまで待合でお待ちしてもらいます。前の検査の進行次第ですが、すぐに検査室にご案内することもできれば、10分~20分程度お待ちしていただくこともあります(金曜日・土曜日は混むこともありますので、時間の前後があります)。検査室に移動していただきのど麻酔を行い、静脈麻酔を希望されている方は腕の血管に静脈ルートを確保します(以前静脈麻酔についてブログで書いておりますのでご参考にしてください)。この作業におおよそ5分程度かかります(血管が細いなどのため静脈ルート確保が難しい方はもう少し時間がかかることもあります)。この後検査台に横になってもらい紙エプロンを首にかけてマウスピースをつけてもらい検査を開始していきます。静脈麻酔を使用する方は、この段階で麻酔剤を血管に投与していきます。検査時間は、おおよそ7分前後となります。詳細な観察を要する方や処置(止血・生検)が必要な方は10分程度かかることもあります。検査が終了したら寝台のままリカバリー室(回復室)にそのまま移動して30分お休みになってもらいます。30分休んでもらいましたら、医師の診察を受けて検査結果の説明や次回の予約が必要な場合は予約を取ってもらい会計をして全て終了となります。

 

以上全ての時間を合計して静脈麻酔を使用する方は、最短で1時間で終わることもあれば、込み具合によっては2時間程度かかることもあります。一方静脈麻酔を使用されない方は、リカバリー室での休憩の時間が必要ないため30分~1時間程度でお帰りになれます(金曜日・土曜日に関してはその限りではありません)。

 

2の方では、ホームページの24時間WEB予約から胃カメラ予約が簡単にできます。直接オペレーターと話して電話で胃カメラ予約も可能です(フリーダイヤル0120-36-7149)。一回診察に来ないでいいため手間が省けます。

検査当日に来院してもらいまず受付をしてもらいます。受付後にiPadを用いて問診票などを記入してもらいます(24時間WEB予約を利用した場合は、予約確認メールから事前の問診票記入が可能です)。その後医師の診察を受けた後、前の検査が終わるまで待合で待ってもらいます。その後の流れは1と同様です。

 

医師の事前診察があるため1より10分~20分程度時間がかかる可能性があるとお考えください。

 

12月より第2、第4日曜日にも胃カメラが受けられる体制を整えましたので、平日や土曜日にも時間がない方はぜひご利用ください。

 

以上が胃内視鏡検査にかかる時間についてでした。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

*本ブログに書かれている時間が概ねの時間です。曜日によっては時間の前後があることがあります。ご了承ください。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ