肛門内科

肛門内科

肛門内科痔をはじめとした肛門やその周辺に生じる疾患や症状の専門的な診療を行っています。痔は良性疾患であり、命に危険が及ぶ可能性が少ない疾患です。ただし、放置して進行させてしまうと肛門の重要な機能に障害が起こり、生活の質を大きく下げてしまうため早期の治療が重要です。
痔は早期発見できれば比較的楽な治療で完治可能な疾患です。さらに、以前は入院して手術を受ける必要があったケースでも、現在は外来で受けられる治療で完治できる可能性が高くなっています。痔は再発しやすいため、当院では再発予防も視野に入れた治療を行っています。患者様のプライバシーにも十分に配慮していますので、安心してご相談ください。

痔の種類

いぼ状の腫れができる「いぼ痔(痔核)」、肛門の皮膚が切れる「切れ痔(裂肛)」、肛門内外をつなぐトンネル状の穴ができる「痔ろう(穴痔)」の3種類に大きく分けられます。さらに、いぼ痔は、肛門内部にできる内痔核と外にできる外痔核に分けられ、症状や治療法が大きく異なります。
いぼ痔や切れ痔は早期受診により薬物療法で治療が可能です。痔ろうは手術でしか治すことができませんが、やはり早期受診によって負担の少ない日帰り手術で治療できます。
痔は再発しやすい疾患です。繰り返し発症すると進行し、肛門機能が損なわれてしまう可能性が高くなります。肛門周辺の痛み、出血、ふくらみ、違和感などに気付いたら、できるだけ早く受診してください。

肛門とその周辺

肛門の外側は皮膚、内側の直腸は粘膜で、境目に歯状線があります。いぼ痔は、表の皮膚部分にできる外痔核、内側の粘膜部分にできる内痔核に分けられます。皮膚には知覚神経があるため外痔核は痛みの症状が現れやすく、知覚神経のない粘膜にできる内痔核は痛みを起こすことがほとんどありません。
境目の歯状線には肛門陰窩という小さなくぼみがいくつかあって、その中に肛門腺の出口があります。肛門陰窩が細菌に感染して肛門周囲膿瘍を発症し、化膿した膿が肛門周囲の皮膚まで通じるトンネル状の穴を開けてしまった状態が痔ろうです。
肛門は、匂いや液体を漏らさない高度な機能を持っています。この機能は肛門括約筋による締め付けに加え、肛門周囲にある毛細血管が豊富な静脈叢がクッションとして密閉度を高めることで成り立っています。痔が進行すると肛門括約筋や静脈叢といった組織に深刻なダメージを受け、肛門機能が損なわれてしまう可能性があります。

いぼ痔

肛門周辺には、豊富な毛細血管が広がる静脈叢があります。強いいきみや冷えなどで静脈叢に負担がかかると血流が悪化してうっ血し、いぼ状の痔核というふくらみができます。肛門外側の皮膚部分にできたものを外痔核、内側の粘膜部分にできたものは内痔核です。外痔核と内痔核は症状や治療法が異なりますが、早期であればどちらも薬物療法で治すことができます。

内痔核

内痔核内痔核は痛みを起こすことがほとんどなく、進行して排便時の出血や痔核の脱出といった症状で気付くケースが大半を占めます。脱出した痔核は自然に戻りますが、進行すると押し込まないと戻らなくなり、最終的には戻せなくなります。現在はある程度進行した内痔核でも手術が必要なく、外来で受けられる注射だけで治せる可能性が高くなっています。

外痔核

外痔核外痔核は強い痛みを起こすことが多く、出血することはほとんどありません。触れただけでわかりますので、ふくらみに気付いたら早めの受診をお勧めしています。重いものを持ち上げるなどの際に急激にふくらみができた場合は、血栓性外痔核が疑われます。血栓性外痔核は血豆のようなもので、脱出した内痔核と間違えて肛門内へ無理に押し込もうとすると悪化する可能性があります。
外痔核は薬物療法などの保存的療法で治療が可能であることが多く、手術が必要になることは少なくなっています。

切れ痔

切れ痔便秘で硬く太い便が出る、または下痢で勢いの激しい便が出ることで、肛門の皮膚が切れたり裂けたりしている状態です。主な症状は排便時の強い痛みで、出血は少量の場合がほとんどです。早期に適切な治療を受けると短期間で治る可能性が高いのですが、慢性的な便秘や下痢があると繰り返し再発することも少なくありません。切れ痔で何度も同じ部分にダメージが加わると、瘢痕化や線維化を起こして肛門が狭窄し、手術が必要になってしまいます。また、肛門機能に支障を生じる可能性もあります。特に排便時の痛みが長く残るようになった場合は悪化している疑いがありますので、お早めに受診してください。

痔ろう

痔ろう痔ろうは、肛門周囲膿瘍という疾患が進行して発症します。肛門周囲膿瘍は、肛門内外の境目にある歯状線の肛門陰窩に細菌が入り込んで感染する疾患です。主な症状は強い痛みや熱感、腫れなどで、発熱することもあります。化膿した膿が肛門周囲の組織を進み、肛門周囲の皮膚につながるトンネル状の穴を開けてしまった状態が痔ろうです。痔ろうは皮膚に穴が開いて膿が排出された状態ですので痛みや熱などの症状はなくなりますが、肛門陰窩までつながるトンネル状の穴は残ってしまい、自然に塞がることはありません。放置しているとトンネル状の穴が複雑に枝分かれして肛門機能の深刻な低下をもたらす可能性があります。また、ごくまれですが、痔ろうにがんが発生することもあります。
痔ろうは手術でしか治すことができませんが、早期であれば負担の少ない手術で治せる可能性が高くなります。肛門周囲膿瘍の、痛み・腫れ・熱感などの症状に気付いたら、できるだけお早めに受診してください。
  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ