ブログ

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)のお食事について

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

こんにちは、尚視会理事長・消化器内科医の原田です。

 

大腸内視鏡検査を受ける際に気を付けていただきたいことが2つあります。一つは、日常的に内服しているお薬です。もう一つは、前日のお食事です。今回は前日のお食事について解説をしたいと思います。

 

通常大腸内には、便がたくさん溜まっている状態です。大腸内視鏡検査を受けるためには溜まっている便を全て下剤で出す必要があります。下剤の効果を十分に発揮させるために検査の数日前から準備をすることが大事です。下剤の効果が不十分な場合には、検査の際に大腸内に便のカスが残ってしまいます。便のカスが大量にあるとポリープや癌の見落としの確率が高くなる恐れがあります。そのためクオリティの高い大腸内視鏡検査を受けることができなくなります。

 

質の高い検査を受けるためには

 

検査の3,4日前からは下記のような消化に悪いものを控えてください

 

・生野菜

・キノコ類

・海藻類

・こんにゃく

・乳製品

・脂もの(天ぷら・天丼などの油もの)

・小麦粉類(ラーメン・パスタなど)

・加工食品(ソーセージ・ハムなど)

 

全てダメというわけではありませんが、過度に摂取することは控えてもらうことが質の高い検査を受けていただくことにつながります。また過度のアルコールも控えてください。

 

検査の前日ですが、食事は夜の9時までに済ませるようにしてください。夕食はなるべく脂肪分の少ない食事がベターです。うどん・おかゆ・おにぎり・スープなどがいいです。お食事に迷う方もいると思いますので、そんな方には「大腸検査食」が最適です。当クリニックでは、江崎グリコさんの「エニマクリンeコロン」という検査食を用意しています。1,200円かかりますが、なんとこれ一箱で前日の朝・昼・夕の3食が済んでしまう優れものです。そこそこおいしいです。当クリニックのHPからも購入が可能です(オンラインショップ・BASEにて)。ぜひ試してください。

 

 

検査前日にどうしても避けてもらいたいお食事があります。キウイフルーツやイチゴなどのブツブツがあるものです。このような果物を摂取すると下剤をかけてもかなりブツブツが大腸内に残り検査の質を下げます。非常に細かいものですが、内視鏡の画面に良く映り込むので非常に邪魔な存在となります。またスイカなどの種も食べてしまうと残ります。スイカの種は、内視鏡の画面ではかなり大きく見えますので大量に大腸内に残っていると検査の質に影響してきます。前日にこれらの果物を我慢してもらえると非常に助かります。

 

*当院ホームページ内で消化に良い食べ物・悪い食べ物について詳細に記載されていますので、ぜひ参考にしてください。

 

前日の夜の9時以降は、水分に関してはお水やお茶は飲んでもらって大丈夫です。検査当日もお水・お茶に関しては飲んで大丈夫です(お茶に関してはなるべく濃いものは避けてください)。他の飲み物(コーヒー、牛乳、ジュース、スポーツ飲料など)は避けてください。

 

前日のお食事に気を付けてもらい下剤の効果が十分に発揮できる準備をしていただけましたら、あとは当日院内もしくはご自宅で下剤を飲んでいただくだけです。クオリティの高い検査のためにご協力いただけますと大変ありがたいです!!

 

今回は大腸内視鏡検査前日のお食事について説明しました。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ