鎮静剤を使用した無痛内視鏡検査 安全で楽に受けられる胃カメラ・大腸カメラ 鎮静剤を使用した無痛内視鏡検査 安全で楽に受けられる胃カメラ・大腸カメラ
プライバシーに配慮した 半個室で下剤を飲むことができます プライバシーに配慮した 半個室で下剤を飲むことができます
院内で検査の前処置が行えます 下剤の服用が不安な方はお気軽にご相談ください 院内で検査の前処置が行えます 下剤の服用が不安な方はお気軽にご相談ください
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医による内視鏡検査の専門クリニック 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医による内視鏡検査の専門クリニック
オリンパス社の次世代内視鏡システム「EVIS X1」都内初導入 オリンパス社の次世代内視鏡システム「EVIS X1」都内初導入
マンガでわかる!大腸内視鏡検査(大腸カメラ)マンガでわかる!大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
マンガでわかる!胃内視鏡検査(胃カメラ)マンガでわかる!胃内視鏡検査(胃カメラ)
プライバシーに配慮した 半個室で下剤を飲むことができますプライバシーに配慮した 半個室で下剤を飲むことができます
安心して相談できる 女性医師による肛門科診療安心して相談できる 女性医師による肛門科診療
2022年1月から完全予約制になります2022年1月から完全予約制になります

内視鏡お困りQ&Aブログ

ピロリ菌は胃がんの原因になるのか?2つの関係を専門医が解説
2022.11.27ピロリ菌は胃がんの原因になるのか?2つの関係を専門医が解説内視鏡お困りQ&Aブログ
楽に大腸内視鏡検査を受けるための下剤内服!種類から費用・飲み方のコツまでを解説
2022.11.23楽に大腸内視鏡検査を受けるための下剤内服!種類から費用・飲み方のコツまでを解説内視鏡お困りQ&Aブログ
胃カメラを鼻から入れるのはつらい?口からの方が良い?専門医が解説
2022.11.20胃カメラを鼻から入れるのはつらい?口からの方が良い?専門医が解説内視鏡お困りQ&Aブログ
大腸がんの自覚症状とは?なぜ大腸内視鏡検査が必要なのかを解説
2022.11.17大腸がんの自覚症状とは?なぜ大腸内視鏡検査が必要なのかを解説内視鏡お困りQ&Aブログ

胃腸にやさしいお食事特集

腸内フローラを整える!鯵の南蛮漬け
2022.10.17腸内フローラを整える!鯵の南蛮漬け胃腸にやさしいお食事特集
疲労回復!黒酢とパプリカの柔らか酢豚
2022.08.18疲労回復!黒酢とパプリカの柔らか酢豚胃腸にやさしいお食事特集
旬の食材で便秘予防!新人参と新玉ねぎのキャロットラぺ
2022.06.05旬の食材で便秘予防!新人参と新玉ねぎのキャロットラぺ胃腸にやさしいお食事特集
花粉症と腸内環境改善におすすめの一品! 蓮根きんぴら
2022.03.01花粉症と腸内環境改善におすすめの一品! 蓮根きんぴら胃腸にやさしいお食事特集

メディア掲載

当院が看護師転職サイト「看護のお仕事」にて紹介されました
2022.03.08当院が看護師転職サイト「看護のお仕事」にて紹介されましたメディア掲載
早坂健司院長の記事がYAHOOニュースに掲載されました。
2021.09.09早坂健司院長の記事がYAHOOニュースに掲載されました。メディア掲載
当クリニックがテレビ埼玉で紹介されました。
2021.07.02当クリニックがテレビ埼玉で紹介されました。メディア掲載
原田英明先生の記事がスポーツニッポンに掲載されました。
2021.06.04原田英明先生の記事がスポーツニッポンに掲載されました。メディア掲載
当院が看護師転職サイト「看護のお仕事」にて紹介されました
2022.03.08当院が看護師転職サイト「看護のお仕事」にて紹介されましたメディア掲載
早坂健司院長の記事がYAHOOニュースに掲載されました。
2021.09.09早坂健司院長の記事がYAHOOニュースに掲載されました。メディア掲載

消化器のかかりつけ医として、
患者さんに寄り添う医療を提供します。

消化器のかかりつけ医として、患者さんに寄り添う医療を提供します。

東京千住・胃と大腸の消化器内視鏡クリニック 足立区院は、
尚視会グループとして最初に開設された内視鏡専門クリニックです。
当クリニックは、「大腸内視鏡検査を適切な時期に多くの方に受けてもらうことで、
大腸がんの予防と早期治療を行い社会に貢献する」ことを目的に開設されました。

当グループでは、受診した皆様が「ここで検査を受けて良かった」と思われるように
医師・看護師・内視鏡技師・事務スタッフすべてが内視鏡診療に精通し、
質の高い診療および検査をご提供できるようにしたいと考えております。

また、機能性ディスペプシア(FD)、過敏性腸症候群(IBS)、
炎症性腸疾患(IBD)、難治性便秘などの疾患に関しましても、
お気軽にご相談いただければ幸いです。

  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック
  • 千住・胃と腸のクリニック

内視鏡実績

  • 2020年
  • 2021年

内視鏡検査総数0

胃カメラ

0

0%

大腸カメラ

0

0%

ポリペクトミー

0

0%

(期間:2020年8月〜2021年7月)

内視鏡検査総数0

胃カメラ

0

0%

大腸カメラ

0

0%

ポリペクトミー

0

0%

(期間:2021年8月〜2022年7月)

内視鏡検査のご案内

当院で検査を受けられた多くの方がご満足されています!

内視鏡検査に対する評価内視鏡検査に対する評価
胃カメラ検査(上部内視鏡)

胃カメラ検査(上部内視鏡)

当院の胃カメラ検査は、静脈麻酔を使用し楽に検査を受けていただくことができます。
検査は全て内視鏡専門医が行っており安心して検査を受けていただけます。
胃がんの原因となるピロリ菌検査にも対応しております。

大腸カメラ検査(下部内視鏡)

大腸カメラ検査(下部内視鏡)

当院の大腸カメラ検査は、静脈麻酔を使用し眠ったまま楽に検査を受けていただくことができます。
検査で発見したポリープはその場で切除が可能です。
また、前処置の下剤は院内で服用が可能です。

このような症状はありますか?

腹痛

腹痛

  • チクチクする
  • お腹が苦しい
  • 差し込む痛み
  • みぞおちの痛み
便通異常

便通異常

  • 便秘
  • 下痢
  • 便が細い
  • 便秘下痢を繰り返す
検診で異常

検診で異常

  • 便潜血
  • ピロリ菌
  • 肝障害
  • 胃レントゲン検査
食欲不振

食欲不振

  • 食欲がない
  • 体重が減った
  • すぐに疲れる
  • フラフラする
上腹部症状

上腹部症状

  • 胸やけする
  • げっぷがでる
  • 吐き気がある
  • 胃酸が上がる感じがする
血便・黒色便

血便・黒色便

  • 排便時に出血する
  • 便に血が混じる
  • 黒い便がでる
  • 吐物に血が混じる
食道のつかえ感

食道のつかえ感

  • 飲み込みにくい
  • 喉がつかえる感じがある
  • 嚥下困難
  • 飲み込みにくい感がある
黄疸

黄疸

  • 目が黄色い
  • 尿の色が濃い
  • 皮膚が黄色い
  • 便の色が白灰

当院の12の特徴

内視鏡専門医による苦痛の少ない検査の実施

当院の経験豊富な内視鏡専門医が内視鏡検査を丁寧に行っています。大腸カメラ件数は月150件以上施行しており、高い水準で見逃しのない検査を目指しております。

鎮静剤を用いた無痛内視鏡検査

当院では鎮静剤を用いた内視鏡検査を行っております。ウトウト眠っている状態で苦痛なく楽に検査を受けていただけます。

都内初!最先端の内視鏡システム「EVIS X1」を導入

当院では都内で初めてオリンパス社の最新鋭内視鏡システム「EVIS X1」を導入いたしました。

最新のテクノロジーを搭載した次世代内視鏡スコープを導入

オリンパス社の最新スコープであるGIF-XZ1200とCF-XZ1200Lを導入しております。

胃と大腸の同日検査可能

当院では、胃カメラと大腸カメラを同日に受けることができます。一日で胃と大腸の両方の検査を受けられるので、前日の準備や食事制限を一度で済ますことができ、患者様のご負担を減らすこができます。

日帰りポリープ切除

当院では、大腸カメラ時に、大腸ポリープを発見した場合、同時に切除することが可能です。大腸ポリープはがん化する可能性が高いため、早めに切除することが重要です。

院内で下剤の処置に対応

当院では、院内での下剤の処置に対応しております。初めての方やご不安のある方も安心して下剤を服用して頂けます。

ストレッチャーで寝たまま移動

当院では、内視鏡検査後に寝たままの状態でリカバリールームに移動してお休みいただけます。

ウォーターイクスチェンジ・コロノスコピー(WEC)

大腸がんや大腸ポリープの見落としをなくすためウォーターイクスチェンジ・コロノスコピーという最新の挿入法で行っております。挿入自体も従来の浸水法であるWICと変わりませんので楽な検査が可能です。

内視鏡衛生資材・処置具などは全てディスポーサブル

当院では、感染症予防・衛生面を考慮し、内視鏡の衛星資材やマウスピース・生検鉗子・スネアなどの処置具などすべてディスポーザブル製品を使用しております。

感染症対策として体外バキューム吸引装置「Free 100 Next」を導入

内視鏡検査の際に体内より飛び散る飛沫・エアロゾルを強制吸引する「Free 100 Next」を内視鏡検査室に導入致しました。

土曜・日曜も検査可能

平日お忙しくてなかなかクリニックにお越しいただけない方のため、当院では、土曜・日曜も内視鏡検査に対応しております。

TOPへ