ブログ

旬の食材で便秘予防!新人参と新玉ねぎのキャロットラぺ

local_offer胃腸にやさしいお食事特集

善玉菌の働きを活性化して、便秘を予防!新人参と新玉ねぎのキャロットラぺ

 

 

春になると出回るようになる食材に、新人参(春人参)と新玉ねぎがあります。新人参は、甘みがあって食感も柔らかく、生でも食べやすいのが特徴で、新玉ねぎも、新人参同様に水分が多くてみずみずしいので、1年中出回っている玉ねぎに比べて、食感が柔らかく、辛みが少ないので、生でも美味しく食べられます。

 

今回は今が旬の新人参と新玉ねぎを使って作る、キャロットラペ(人参のサラダ)をご紹介します。キャロットラぺはあと一品というときや、お酢がきいているので、お弁当にもおすすめですし、日頃の野菜不足解消にもなるので、時間に余裕のある時に、大量に作り置きしておくと大変便利です。

 

人参はカリウムを多く含み、体内の余分なナトリウムを排出してくれるので、むくみを予防したり、高血圧の予防や改善に効果が期待できます。また、人参のオレンジ色のもととなるβカロテンは、強い抗酸化作用を持ち、活性酸素の発生を抑制して取り除くため、免疫力の向上が期待できます。

 

玉ねぎに含まれる硫化アリルの一種であるアリシンは、胃の消化液の分泌を活発にして、食欲を増進させるだけでなく、血液をサラサラにする効果や、体内でビタミンB1と結びついて糖質をエネルギーに変換し、疲労を回復する効果や、免疫力を向上させる効果などが期待できます。また、玉ねぎに含まれるオリゴ糖は、胃や小腸で吸収されずに大腸まで届き、善玉菌の働きを活性化して、便秘を予防したり、美肌を保つ効果が期待できます。さらに人参同様カリウムを含み、むくみを予防したり、高血圧の予防や改善に効果が期待できます。

 

玉ねぎに含まれるアリシンは熱に弱く、水溶性で水にさらすと溶けだしてしまうので、水にさらさずに、サラダのように生で食べるのがおすすめで、新玉ねぎは辛みが少なくて生でも美味しく食べられるので、今が旬でみずみずしい美味しさを味わえて、栄養素もしっかりとれる、新人参と新玉ねぎのキャロットラペ、是非お試しください。

 

≪旬の食材で美味!新人参と新玉ねぎのキャロットラぺ≫

 

【材料】 (作りやすい分量)

 

新人参 小2本(120g)

新玉ねぎ 1/6個

オリーブオイル 大さじ2

塩 ふたつまみ(2g)

酢 小さじ1/2

コショウ 少々

 

 

【作り方】

 

1 ボウルに皮をむいた新人参を細めに切れるスライサーで細切りにし、スライサーでスライスした新玉ねぎを加える。

 

2 1の上に塩、酢、オリーブオイル、コショウの順にかけ、よく混ぜる。

 

 

【ポイント】

 

新人参の大きさや水分量によって塩加減が変わるので、味をみながら調節してみてください。

 

また、新玉ねぎではなく、普通の玉ねぎを使う場合はからいので、玉ねぎの量を少なめにしてください。

 

 

[監修]

料理研究家・Y’sさん

・クックパッド 

   アンバサダー2020
・2020年度

  スパイスアンバサダー

・レシピ開発、メディア出演

  雑誌などで活躍中

 

TOPへ