ブログ

胃腸にやさしく、体も温まる:とろとろ卵のかき玉うどん

local_offer胃腸にやさしいお食事特集

とろとろ卵のかき玉うどん

 

 

今回は胃と腸の内視鏡検査を受けた後におすすめな、パパっと簡単にできて、胃腸にやさしく、体も温まる、「とろとろ卵のかき玉うどん」をご紹介します。

 

胃と腸の内視鏡検査後は、胃腸が少しお疲れ気味なので、辛いものなどの刺激物は避け、消化が良くて、体を温める食事がおすすめです。

 

とろみのついたかき玉うどんは、とろとろの卵が麺にからんで、口当たりがよくて食べやすく、おつゆにとろみがあって冷めにくいため、体の芯から温まって、内視鏡の検査でお疲れ気味の胃腸に、やさしくしみわたります。

 

また、市販のめんつゆを使うことで、パパっと簡単にできるのですが、かつおぶしと、炒った桜エビを加えるという、ちょっとしたひと手間を加えることで、うま味の相乗効果が働き、きちんとお出汁をとって作ったような、上品で本格的な味に仕上がるので、是非お試しください。

 

 

≪内視鏡検査後におすすめ!とろとろ卵のかき玉うどん≫

 

【材料】 (2人分)

 

うどん 2玉

細ねぎ 2本

卵 1個

かつおぶし 小分けパック1袋(5g)

桜エビ 大さじ2

めんつゆ(2倍濃縮)  大さじ3

片栗粉 小さじ2

水  400ml

塩 少々

 

【作り方】

 

1 ねぎは小口切りにし、麺は茹でておく。桜エビは、フライパンで1分ほど、弱火で乾煎りしたら、包丁で粗く刻む。鍋に水、めんつゆ、かつおぶし、片栗粉を入れてよく溶き、時々混ぜながら火にかける。

 

2 つゆが沸騰したら、塩と溶き卵を加えてかき混ぜ、卵に火が通ったら、うどんを入れて温める。

 

3 丼に2を入れ、桜エビをふりかけて、細ねぎを散らす。

 

 

【ポイント】

 

桜エビは、フライパンに油も何もひかず、弱火で焦げないように乾煎りすることで、香ばしさが増して、さらに美味しくなります。

 

めんつゆは、2倍濃縮タイプを使って下さい。

 

うどんのつゆを作るときに、片栗粉をしっかりと水に溶くのがポイントです。

 

[監修]

料理研究家・Y’sさん

・クックパッド 

   アンバサダー2020
・2020年度

  スパイスアンバサダー

・レシピ開発、メディア出演

  雑誌などで活躍中

TOPへ