【低FODMAP食】たらのマスタードバターソース添え

マスタードバター添え

フライパンひとつで簡単! 低FODMAP食・たらのマスタードバターソース添え

過敏性腸症候群(IBS)の治療法のひとつに、「高フォドマップ食」を避けて、「低フォドマップ食」を摂取するという食事療法があります。

フォドマップとは、小腸で吸収されにくく大腸で発酵しやすい糖質の総称で、「Fermentable(発酵性)」「Oligosaccharides(オリゴ糖 )」「Disaccharides(二糖類)」「Monosaccharides(単糖類)」「And」「Polyols(ポリオール)」といった単語の頭文字を合わせたものです。こうした4種類の発酵性の糖質を含む食品を控える食事療法を、「低FODMAP(フォドマップ)食」といいます。

高フォドマップ食は、小腸だけでは吸収しづらいため、大腸まで運ばれて、大腸で腸内細菌のエサとなり、ガスを発生させたり、下痢や便秘などを引き起こすといわれています。低フォドマップ食は、過敏性腸症候群の改善以外にも、逆流性食道炎や、潰瘍性大腸炎、クローン病の症状にも効果があることが分かっています。

そこで今回は、低フォドマップ食としておすすめの一品をご紹介します。今が旬のたらを使ったメインになる一品で、フライパンひとつで簡単にできます。

牛乳やヨーグルトなど、高フォドマップ食品に分類されるものが多い乳製品ですが、バターは低フォドマップ食品なので、同じく低フォドマップ食品のマスタードと合わせて、コクがありながらさっぱりとした味のソースに仕上げました。また、お酒は白ワインを使いましたが、甘いワインは高フォドマップ食品、甘くないワインは低フォドマップ食品に分類されるので、白ワインは辛口を選べば大丈夫です。

色々と制限の多い低フォドマップ食ですが、工夫次第で美味しくいただけるので、是非お試しください。

【材料】 (3人分)

たら(切り身) 3枚

バター 20g

オリーブオイル 大さじ1

白ワイン(辛口) 大さじ1 

粒マスタード 小さじ2

塩 2つまみ

片栗粉 適量

【作り方】

1 たらはキッチンペーパーで余分な水分をとり、塩胡椒(分量外)を振って下味をつけたら、片栗粉をまんべんなくまぶす。

2 フライパンにオリーブオイルを引いたら、たらを皮目から入れ、ふちが白っぽくなるまで中火で焼いたら、上下を返して白ワインを加え、蓋をして弱火に落として3分程度蒸し焼きにする。

3 たらに火が通ったら取り出して、バターを入れ、バターが溶けたら火を止めて粒マスタードと塩を加えてよく混ぜ、お皿に盛ったたらの上からかける。

【ポイント】

甘いワインは高フォドマップ食品、甘くないワインは低フォドマップ食品に分類されるので、白ワインは辛口のものを選んでください。

コメント

予約するだけで健康を守れる!東京千住・胃と大腸の消化器内視鏡クリニックにお気軽にご予約ください。

予約で健康を守れる!東京千住・胃と大腸の消化器内視鏡クリニックにお気軽にご予約ください。