ブログ

胃がん検診ってどんなものなの?費用やその流れは?専門医が解説

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

「50歳になったから少し身体のことも気を付けて胃がん検診を受けないと」

「そもそも胃がん検診ってどんなことをするのかなぁ?」

 

50歳になると胃がん検診で胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けることができます。自治体(市町村)によっては、胃カメラ以外に胃X線検査や胃がんハイリスク検診(ABC検診)などを選択することもできます。

 

それぞれの検査の特徴を知ることで自分に合った検診を受けていただくことができると思います。通常は、症状やなんらかのご病気がないと保険診療で胃カメラや胃X線検査を受けることができませんが、胃がん検診であれば費用も安く胃の検査を受けることができます。胃がん検診の内容や仕組みを理解していただき適切な時期に適切な検査を受けていただけますと幸いです。

 

今回は、胃がんの早期発見のための胃がん検診について詳細に解説していますので、ぜひ記事を読んでいただき理解を深めていただきたいと思います。

 

[目次]

 

1章、胃がん検診とは

 

胃がん検診は、各自治体市町村で行われる50歳以上を対象としたがん検診です。自治体により検査内容は異なりますが、胃内視鏡検査(胃カメラ)、胃X線検査、胃がんリスク検査(ABC検診)が行われています。

 

胃がん検診の目的は胃がんによる死亡率を減少させることです。胃がん検診を理解するために詳細に解説していきたいと思います。

 

1-1、胃がん検診の種類

 

胃がん検診は、自治体などで住民集団を対象として行うがん検診でいわゆる対策型検診と言われるものに当たります。

 

胃がん検診は、以下のような検診内容を受けることができます。

 

・胃X線検査(バリウム検査)

・胃内視鏡検査(胃カメラ)

・胃がんハイリスク検診(ABC検診)

 

自治体によって検診の内容が異なることがあります。足立区では、胃カメラと胃がんハイリスク検診は行っていますが、胃X線検査は行っていません。

 

対象年齢は50歳以上となっています。自治体によっては多少異なりますが、2年に1回程度の間隔で受けることができます。

 

表でまとめると以下のようになります。

 

   検診方法 対象年齢 検診間隔
 胃がん検診

問診

胃X線検査

胃内視鏡検査(胃カメラ)

ABC検診 

50歳以上

*胃X線検査に関しては40歳以上で可のこともあり

2年に1回程度

*胃X線検査は毎年実施可のこともあり

 

1-2、胃がん検診で胃がんの早期発見を

 

50歳の誕生日を迎えたら、1年に1回を目安として定期的に胃がん検診を受けることをおすすめします。

 

なぜなら、胃がんは、早期発見によって最悪のケースを避けることができるからです。

 

胃がん検診は、これまでの胃がんによる死亡者数減少に一役買ってきました。胃がん検診で胃がんの早期発見ができることにより治癒可能な状態で治療が行われていることが死亡者数減少に貢献していると考えられています。

 

実際に、日本においては、年間約5万人の胃がんによる死亡者がいました。現在では5万人は切っており約4万2千人(2020年)の死亡者を認めています。年々減少傾向ではありますが、がん死亡者数では、男性で2位、女性で4位、全体では3位となっており無視できない数字となっています。

 

胃がん検診は、胃X線検査として行われ1967 年に厚生省(現厚生労働省)による公費助成として全国に普及し始めました。現在(2016年~)では、胃カメラも併用で行われており、自治体によっては胃がんリスク検査(ABC検診)を選択することも可能です。 

 

胃がん検診では、ピロリ菌の感染状況も確認することが可能であるためピロリ菌に対する除菌療法にもつながることから非常に重要な検診だと考えられます。ピロリ菌を除菌することで胃がんの予防にもつながります。

 

次の2章では検診の詳しい内容を解説していきたいと思います。

 

2章、胃がん検診の方法

 

胃がん検診の種類は、1章で解説したように主に3つあります。

 

・胃X線検査(バリウム検査)

・胃内視鏡検査(胃カメラ)

・胃がんハイリスク検診(ABC検診)

 

それぞれについて解説していきたいと思います。

 

2-1、胃X線検査(バリウム検査)

 

胃X線検査は、バリウムという造影剤を飲んでレントゲン検査を行い胃の内部を撮影する検査です。

 

では、胃X線検査はどのように行われるのでしょう。簡単に説明したいと思います。

 

胃X線検査の流れ

 

X線検査室に移動する

発砲剤(炭酸ガスを発生させる)およびバリウムを約100ml飲用する

検査台(X線検査装置)に乗る

撮影を開始

放射線技師の指示に従い右に向いたり左に向いたり、身体を回転させたりする

14枚前後の枚数を撮影して終了(15分程度)

 

というような流れになっています。

 

胃X線検査で撮影された画像は、医師による読影が必要となります。医師会などで読影を行っているのが一般的です。

 

胃X線検査では、バリウムを使用して胃の粘膜の状態を写すことで下記のようなご病気を見つけ出すことが可能です。

 

・胃がん

・潰瘍

・ポリープなど

 

ただし早期の胃がんなどの粘膜の変化に乏しいご病気に関しては発見することが困難なことがあります。胃X線検査は、あくまで拾い上げの検査方法で精密検査は胃カメラとなるため胃X線検査の結果が問題ないと診断されたとしても100%異常がないということはできません。

 

また、胃X線検査で問題となるのはバリウムの使用です。

 

胃X線検査で問題となるバリウム

 

バリウムの飲用は様々な問題を引き起こす可能性があります。一番多いのが腸管内でバリウムが固まることにより便秘です。また、バリウムにより腸管に穴が開いてしまう消化管穿孔や腸管が詰まってしまう腸閉塞などの重大な合併症が起こることが報告されています。

 

*とくにご高齢の方では、若い方と比べ消化管の機能が低下しているためバリウム詰まりが問題となることがあり得るため注意が必要です。

 

また下記のような方に関してはバリウムの飲用ができません

 

・バリウム過敏症の方

・腸閉塞の既往がある方

・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の方

・食道・胃・十二指腸にご病気のある方

・脳血管障害がある方

・脳圧亢進でシャントがある方

・糖尿病の方

・1年以内に腹部・心臓・呼吸器・頭部・整形外科の手術をした方

・体重が130kg以上ある方

 

*X線を使用するため妊娠およびその可能性がある方も検査を行うことができません

 

*足立区では胃X線検査での胃がん検診を行っていません(足立区では、胃がん内視鏡検診および胃がんハイリスク検診[ABC検診]のみ行われています)。

 

2-2、胃内視鏡検査(胃カメラ)

 

胃カメラは、胃がん検診として非常に有効な検査方法ということから2016年から開始されました。

 

胃カメラは、胃X線検査より有効であるという様々なデータがでてきました。どのような有用性があるかというと、

 

・胃がん発見率が高い(胃カメラ 0.52%、胃X線検査 0.19%)

・早期胃がん発見率が高い・約3倍の差がある(胃カメラ 0.25~0.91%、胃X線検査 0.07~0.33%)

・胃カメラの方が早期の状態で発見される胃がんの率が高く、内視鏡での治療が可能

 

というようなメリットがあり、胃カメラは胃がんの早期発見・早期治療に貢献する胃がん検診法であることが証明されています。

 

検診での胃カメラは苦痛ではなくなってきている

 

従来、胃がん検診での胃カメラというと通常の太い内視鏡スコープで口から検査を行うことが主流でしたが、近年では経鼻内視鏡も導入されている施設が増えてきており従来より楽に検査を受けることができるようになってきました。

 

施設によっては、胃がん検診でも静脈麻酔を導入している施設もあるため痛み無く検査を受けることも可能です。

 

*当クリニックでも経鼻内視鏡および静脈麻酔を使用した胃がん検診を行っていますので、どうぞ外来にてご相談ください。

 

 

*経鼻内視鏡と静脈麻酔については、「胃内視鏡検査(胃カメラ)における経口と経鼻の比較について」「胃カメラ・大腸カメラの静脈麻酔(鎮静剤)って怖くないの?」で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

胃がん検診における胃カメラの偶発症について

 

胃がん検診は基本的には、健康な方々を対象に行う検査ですので検査による不利益が皆様に起こらないことが望まれます。しかしながら、胃カメラなどの本来であれば人体に挿入することのない異物を挿入しないといけませんのである一定の確率で偶発症などの悪影響が出てしまうこともあります。

 

日本消化器がん検診学会による報告によりますと、10万件の胃カメラに対して150件前後の偶発症が発生していると言われています。どのような偶発症が起こるか可能性があるかといいますと、

 

・経鼻内視鏡による鼻出血(114件/10万件)

・消化管の粘膜裂創(20件/10万件)

・静脈麻酔による呼吸抑制(4.3件/10万件)

・生検後出血(0.6件/10万件)

・アナフィラキシーショック(0.4件/10万件)

 

というような数字となっています。日常生活において交通事故にある確率が10万にあたり250件程度と言われていますので、確率的にはさほど高いものではないと考えられるかと思います。

 

これらの偶発症が起こらないように対策をしていくことは非常に大事ですが、どちらかというと偶発症が起こった際に適切な対応ができる方が大事なことです。

 

当クリニックでの取り組みとしましては、医師複数での診療体制、リカバリーの設置、搬送可能な協力病院の手配などを行っています。

 

どちらにせよ何も起こらないのがベストですが、何か起こった際には最善の処置ができるようにしていきたいと考えております。

 

胃カメラと胃X線検査の違い

 

胃カメラと胃X線検査の一番の差は、胃がんの発見率による胃がん死亡減少効果です。

 

鳥取市・米子市における調査で、胃カメラは胃X 線検査と比べて67% の胃がん死亡率減少効果を認めたと報告されています。

 

胃カメラと胃X線検査の比較を表にまとめましたので、参考にしてください。

 

   胃カメラ 胃X線検査
 組織生検 〇  ×
放射線被ばく なし あり
バリウム飲用 なし 必要
費用 やや高い やや安い
苦痛 あり(静脈麻酔で楽に受けれる) やや苦痛
早期がんの発見
ピロリ感染の有無の確認

 

胃カメラと胃X線検査には、早期胃がんの発見率にも大きな差があります。胃カメラの解説のところで早期胃がんの発見率に両者では差があると指摘しましたが、発見率の差は3倍になります。

 

胃カメラは、胃X線検査よりも早期胃がんの発見率が3倍高い。

 

早期発見・早期治療のためには胃カメラを受けていただく方が望ましいと考えられます。

 

どうしてこのような差がでるかと言いますと、胃カメラでは直接胃粘膜を観察して色調や凹凸の変化などを確認することができるからです。一方、胃X線検査は撮影画像はデジタル化され一昔前より格段に画像に関しては進化したものの粘膜のわずかな変化や色調を見ることが出来ないなどのデメリットがあります。そのため早期の状態の胃がんに関しては、胃カメラより劣ってしまうという結果になっています。

 

ただし今後AI(人工知能)などが胃X線検査に本格的に導入されれば、胃カメラと変わらない成績となる可能性もありますので今後の研究が待たれるところです。

 

胃カメラのキャパシティーには限界がある

 

胃カメラ検査で問題となるのは、キャパシティーの問題です。胃カメラは、準備や検査時間などに比較的時間がかかり、さらに検査を行うのは医師(欧米では認定された看護師などが施行できる国もあります)しかできません。一方、胃X線検査は、放射線検査技師が行うことができます。

 

どちらが生産性の高い検査かというと放射線技師による胃X線検査の方が生産性という観点からは高くなると言わざる得ません。理由としては、

 

・内視鏡医師より放射線技師数の方が多い(内視鏡学会会員約3万5千人、放射線技師数約4万5千人)

・内視鏡医師には、胃がん検診による胃カメラの他に様々なDutyがある

・胃X線検査の方が、胃カメラより比較的早く終わる

・胃X線検査の方が、胃カメラより費用が安い

 

というようなこともあるため集団で多くの方を検査するのに一概に胃カメラの方が良いということはできません。ただし、個々人で考えますと、より早期発見につながる胃カメラを受けたいというのが本音かと思います。

 

2-3、胃がんリスク検査(ABC検診)

 

自治体によっては、ABC検診を導入しているところもあります。

 

ABC検診とは、胃の健康度を評価するもので胃カメラや胃X線検査と異なり直接胃を見るものではありません。つまり画像で胃がんそのものを診断することはできません。

 

ABC検診は採血検査で行う

 

ABC検診では採血検査でピロリ菌の感染状況の有無とペプシノゲン値を測ります。この2つの項目を分類することで、胃がんのリスクが高い方とリスクが低い方を分けることができます。

 

ABC検診で測定する2項目

 

①ヘリコバクター・ピロリ(血清H. pylori抗体価):ピロリ菌感染の有無を確認する

②ペプシノゲン値(PG法):慢性胃炎に伴う胃粘膜萎縮の状態を確認する

 

血清H. pylori抗体価

 

血清H. pylori抗体価は、ある一定以上の価であればピロリ菌の感染の可能性が高いと診断されます。ただし、プロトンポンプ阻害薬(PPI)やボノプラザン(タケキャブ®)というお薬を内服している場合には、2週間お薬を中止してから検査を行う必要があります。

 

血清H. pylori抗体価は、その値によって感染状況が判断されます。

 

・血清H. pylori抗体価が3未満の場合 陰性 ピロリ菌に感染している可能性が低いと判定

・血清H. pylori抗体価が3以上10未満の場合 陰性高値 ピロリ菌に感染している可能性があると判定

・血清H. pylori抗体価が10以上 陽性 ピロリ菌の感染の可能性が高いと判定

 

PG法(ペプシノゲン法)

 

PG 法では、血清中のPG I(ペプシノゲンⅠ) とPGII(ペプシノゲンⅡ)の 値を測定します。

 

以下の場合にはPG法が陽性と判定されます

 

PGI 値≦70ng/ml かつPG III 比≦3.0

 

以上の血清H. pylori抗体価とPG法を合わせて下記の表のようにABCDと分類します。

 

ABC分類

 

 

血清H. pylori抗体価

  (-) (+)
PG法 (-) A群 B群
(+) D群 C群

 

ABC分類では、下図のようにD群になるにつれて胃がんのリスクが高くなると考えられています。

 

 

各群では下記のようなご病気が多くなると言われています。

 

B群 消化性潰瘍

C群 胃過形成性ポリープ、胃腺腫、胃がん

D群 胃がん

 

*B群のうちPGⅡの値が30 ng/ml以上の場合は、胃がんのリスクが高いと言われているため注意が必要です。

 

A群は、胃がんのリスクが低いと考えられるため精密検査などから除外されますが、ピロリ菌除菌後やPPI内服中の方も含まれてしまうことがあるため注意が必要です。

 

BCD群では、精密検査として胃カメラを行い胃がんや胃粘膜の萎縮を有無を確認する必要があります。胃粘膜萎縮が認められた場合にはピロリ菌の除菌療法が必要となります。

 

ABC 検診は5 年毎に受けることが推奨されており、自治体によっては胃がん検診として取り入れられてはいます。ただし気を付けなければならないのは、ABC検診自体は検査による胃がんの死亡率減少効果が証明されていません。そのため、現在のガイドラインでは、胃がん検診としての推奨は得られていないのが現状です。ただし、採血だけでリスクの高い低いを判定できるため非常に簡便で多くの方に行うことができる検査です。

 

また、胃カメラや胃X線検査と異なり採血だけで済むためマンパワーの問題や費用も安いというメリットもあるためぜひ活用していただきたい胃がん検診の1つです。

 

3章、胃がん検診の費用

 

胃がん検診は、多くの自治体が助成を行っており、その費用は無料~数千円程度です。

 

胃がん検診の費用については、お住まいの自治体や、加入している健康保険組合などによる助成がありますが、その内容は検査を助成している団体によって変わります。また、検査方法によっても実際に負担する費用が変わりますので、これらも比較しながら、検査方法を選択すると良いでしょう。

 

足立区胃がん検診では、以下のようになっています。

 

内視鏡検査(胃カメラ)

 

費用:2,000円(生活保護受給者・中国残留邦人等支援給付受給者の方は免除制度あり)

検査項目:問診、経口内視鏡検査または経鼻内視鏡検査(胃カメラ)

 

胃がんハイリスク検診(ABC検診)

 

費用:1,000円(生活保護受給者・中国残留邦人等支援給付受給者の方は免除制度あり)

検査項目:問診、血液検査(ペプシノゲン検査、ピロリ菌抗体検査)

 

4章、胃がん検診の流れ

 

胃がん検診の流れは以下のようになります。

 

 

足立区の胃がん検診は胃X線検査を行っていませんので、胃がんハイリスク検診と胃がん内視鏡検診のみ対象となる年齢で受けることが可能です。

 

自治体によっては、胃X線検査を行っているところもあるため各自治体に確認しましょう。

各自治体がん検診情報

 

5章、胃がん検診が受けられる場所

 

胃がん検診は、各自治体で受けることが出来ます。各自治体が実施しており市区町村からの胃がん検診の案内が郵送で送られてきます。送られてきた書類やインターネットを通して受付をして、胃がん検診を行っている各医療機関で受けられます。

 

*郵送が送られてこない場合もありますので、ご自身で胃がん検診の情報を得る必要がある場合もあります。下記より各自治体のがん検診情報を得ることが出来ます。

 

 各自治体がん検診情報

 

胃がん検診を行っている各医療機関の情報は、各自治体のホームページなどに掲載されています。足立区に関しては、下記に掲載されていますのぜひご活用ください。

 

足立区の胃がん検診実施医療機関

 

当クリニックでも胃がん検診は行っていますので、ぜひご活用ください

 

6章、胃がん検診でよくあるQ&A

 

6-1、結果はいつ来るのか?

 

胃がん内視鏡検診の結果は、その日に医師からの説明で分かります。組織生検などをした場合には2週間ほど結果が分かるのにかかります。

 

胃がんハイリスク検診(ABC検診)の結果は、2週間くらいかかります。

 

6-2、ピロリ菌が陽性といわれたらどうすればいいの?

 

胃がん内視鏡検診および胃がんハイリスク検診でピロリ菌の指摘があった場合には、医療機関を受診してピロリ菌の除菌療法を受けることをお勧めします。

 

ピロリ菌は胃がんの原因になると世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)でも認定されています。

 

ピロリ菌に感染された胃では、感染していない胃と比べ胃がんのリスクが15倍以上になると報告されています。ピロリ菌を適切な年齢で除菌療法を行うことで胃がんの発症のリスクを抑えることができると言われています。

 

胃がん検診で、ピロリ陽性と診断されて除菌療法を受けられた方では、除菌後の内視鏡検査受診率が低いということが問題となっています。ピロリ菌が陽性で除菌療法を受けたとしても胃がんのリスクが0(ゼロ)になることはなく、ある一定の胃がんのリスクが残ります。そのため除菌後も内視鏡検査を定期的に行う必要があると言われています。

 

ピロリ菌およびピロリ菌の除菌療法に関しては、「ピロリ菌を除菌するとどうなるの?除菌後の本当の話し」で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

まとめ

以上、胃がん検診にについて解説しました。本記事読んでいただき胃がん検診について理解を深めていただき、ご自身およびご家族を胃がんから身を守っていただけたら幸いです。

 

胃がん検診についてのまとめは以下のようになります。

 

胃がん検診は胃がんの早期発見に役立つ

胃カメラは早期胃がんの発見に有用である

胃がんハイリスク検診(ABC検診)は胃がんのリスクを分類できる

ピロリ菌が陽性と診断されたら除菌療法を

 

以上が胃がん検診のポイントでした。胃がん検診を胃がんの早期発見の入り口としてぜひご活用いただくことが重要かと思います。

 

胃がん検診についてのご相談に関しては当院で承っています。

 

 
 
 
 

日本消化器がん検診学会全国集計委員会. 委員会報告平成28 年度消化器がん検診全国集計.日本消化器がん検診学会雑誌2019; 57: 1173-1185.

幸田隆彦,他. 浜松市医師会における対策型胃内視鏡検診の現状.胃と腸2018; 53: 1090-1099.

羽柴厚,他. 金沢市における対策型胃内視鏡検診の現状.胃と腸2018; 53: 1100-1110.

三吉博,他. さいたま市における胃がんX 線・内視鏡併用個別検診の現況大宮地区のデータをもとに.日本消化器がん検診学会雑誌2015; 53: 571-578.

小越和栄,他. 新潟市住民に対する胃がん内視鏡検診.日本消化器がん検診学会雑誌2009; 47: 531-541.

川田和昭,村上隼夫:静岡市における対策型胃がん内視鏡検診の効率化に向けた取り組み.日本消化器がん検診学会雑誌2019; 57: 11-19.

萩原廣明,他. 対策型検診における胃内視鏡検査の有用性.日本消化器がん検診学会雑誌2015; 53: 376-382.

Hamashima C, et al. Acommunity-based, case-control study evaluating mortality reduction from gastric cancer by endoscopic screening in Japan. PLoS One 2013; 8: e79088.

Hamashima C, et al. Mortality reduction from gastric cancer by endoscopic and radiographic screening. Cancer Sci 2015; 106: 1744-1749.

Jun JK, et al. Effectiveness of the Korean National Cancer Screening Program in Reducing Gastric Cancer Mortality. Gastroenterology 2017; 152: 1319-1328. e7.
 

記事執筆

医療法人社団尚視会 理事長 原田英明

・日本消化器内視鏡学会 専門医 指導医 https://www.jges.net/medical

・日本消化器病学会 専門医 https://www.jsge.or.jp/

・米国消化器内視鏡学会 国際会員 https://www.asge.org/

・欧州消化器内視鏡学会 国際会員 https://www.esge.com/

<施設紹介>

東京千住・胃と大腸の消化器内視鏡クリニック 足立区院

JR北千住駅西口より徒歩2分、つくばエクスプレス北千住駅より徒歩2分、東京メトロ日比谷線北千住駅より徒歩2分、東京メトロ千代田線北千住駅より徒歩2分、東武伊勢崎線北千住駅より徒歩3分

ホームページ https://www.senju-ge.jp/

電話番号 03-3882-7149

住所 東京都足立区千住3-74 第2白亜ビル1階

診療時間 月~土 9:00~12:00 14:00~17:30、日  9:00~12:00 (午後は検査のみ)、休診日:祝日、年末年始

TOPへ