ブログ

機能性ディスペプシア(FD)とは?胃カメラを受ける必要がある?

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

皆様こんにちは、尚視会理事長・内視鏡専門医の原田です。当クリニック「東京千住・胃と大腸の消化器内視鏡クリック 足立区院」は、北千住駅徒歩2分にある内視鏡専門クリニックです。

 

今回は、「機能性ディスペプシア(FD)とは?胃カメラを受ける必要がある?」について詳しく解説したいと思います。

 

機能性ディスペプシアは一種の慢性消化不良のことを言います。

 

胃の痛み、満腹感、または食事中および食事後の膨満感などの症状の明らかな原因が見つからない場合、FDと診断されます。

 

FDには、多くの治療法の選択肢がありますが、すべての人に役立つ完全な治療法はありません。

 

そこで今回は、FDとは何なのか、症状や原因、診断方法、なぜ内視鏡検査を受けるべきなのか説明していきます!

 

そもそも機能性ディスペプシア(FD)とは?

 

機能性ディスペプシアとは、簡単に言えば慢性的な消化不良のことであり、明らかな原因がなく、症状を繰り返す消化不良の兆候のことを言います。

 

上腹部症状

 

機能性ディスペプシアは、非潰瘍性腹痛または非潰瘍性消化不良とも呼ばれ、一般的に症状は、断続的に起こることが多く、慢性的に長く続く場合もあります。

 

これらの兆候や症状は、腹部膨満、げっぷ、吐き気を伴うことが多く、上腹部の痛みや不快感などの潰瘍の症状に似ています。

 

具体的な症状をみていきます。

 

 

機能性ディスペプシアの症状

機能性ディスペプシアの症状には、次のようなものがあります。

 

・食後の胃の痛みや灼熱感

・腹部の膨満感

・過度のげっぷや吐き気

 

食べるときの初期の満腹感食事とは関係なく発生することもあれば、食事で和らげられることもあります。

 

次のような場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

 

・原因不明の体重減少

・激しい腹痛

・排便の変化

・特に微量の血液を伴う頻繁な嘔吐

・便または黒い便の血

・腹部のしこり

・原因不明の体重減少

・貧血

・一般的に気分が悪い

・食べ物を飲み込むのが難しい

・目と皮膚の黄色の着色

・呼吸困難

・発汗

・あご、腕、または首に広がる痛み

 

このような症状が出た場合は、消化器系のがんや出血、潰瘍などの可能性が高いため、緊急で検査を受ける必要があります。

 

具体的な症状をよく間違えやすいほかの疾患と比較しながら解説します。

 

 

機能性ディスペプシアと胃炎の違い

 

胃炎は多くの症状が共通しており、時には両方の疾患を患う場合があります。

 

胃の内壁の炎症である胃炎は、通常原因がはっきりしており、細菌感染、胃の内壁を侵食する特定の鎮痛薬の乱用(NSAID)または胃酸が多すぎる可能性があります。

 

機能性ディスペプシアがある場合は、胃炎がともに存在する可能性がありますが、すべての例でそうであるわけではありません。

 

 

機能性ディスペプシアと胃食道逆流症(GERD)の違い

 

もう一つ似たような疾患として、胃食道逆流症があり、機能性ディスペプシアの要因にもなり得ます。

 

胸焼け、げっぷ、酸逆流を伴うことがある酸味はすべて、機能性ディスペプシアの症状の1つです。

 

慢性的な酸の逆流は、時間の経過とともに食道に目に見える損傷を与えます。

 

胃酸を減らす薬でGERDを治療することも比較的簡単です。

 

胃食道逆流症を治療しても、消化不良の症状がある場合は、機能性ディスペプシアと診断される可能性があります。

 

 

機能性ディスペプシアとIBSの違い

 

IBS(過敏性腸症候群)は、機能性ディスペプシアに似た別の機能性障害です。

 

機能性ディスペプシアは「過敏性胃症候群」と呼ばれ、IBSは「神過敏性腸症候群」と呼ばれています。

 

IBSとFDは混同しやすいため、こちらの記事を参考にしてください。

 

IBSの症状は腸、特に大腸や結腸に現れますが、機能性ディスペプシアの症状は、胃と上部小腸に関連しています。

 

また、FDの痛みは、上部消化管の灼熱感のようなものですが、IBSの痛みは、便秘や下痢による腸のけいれんのようなものです。

 

 

機能性ディスペプシアはどうやって治療する?

 

持続性があり、生活環境の改善でも制御されない機能性ディスペプシアは、治療が必要な場合があります。

 

どのような治療を受けるかは、兆候や症状によって異なります。

 

一般的には、治療は、食事療法、薬物療法、行動療法と運動療法を組み合わせる場合があります。

 

①食事療法

 

自分の食事の状態を評価することはFDを管理するための最初のステップと言えます。

 

次の食事とライフスタイルの調整は、FDの症状を和らげるのに役立つ場合があります。

 

・少量に分けてこまめに食べる

・高脂肪食品は避ける

・低FODMAP食品にする

・禁煙する

アルコールやカフェイン摂取を制限する

 

医師または栄養士と協力して、どの食事療法が最適かを検討してください。

 

②薬物療法

 

機能性ディスペプシアの兆候と症状の管理に役立つ可能性のある薬は次のとおりです。

 

・ガスを軽減する薬 : 成分シメチコンを含む薬は、腸内ガスを減らすことで症状を改善できます。

・胃酸の生成を減らすための薬 : H-2受容体遮断薬と呼ばれるこれらの薬は市販されており、シメチジン、ファモチジン、ニザチジンなどが含まれます。

・胃酸の「ポンプ作用」をブロックする薬 : プロトンポンプ阻害剤は、酸を分泌する胃細胞内の酸の「ポンプ作用」をシャットダウンします。市販のプロトンポンプ阻害剤には、ランソプラゾール、オメプラゾール、およびエソメプラゾールが含まれます。

・胃酸分泌を強力に抑制するPCAB : カリウムイオン競合型酸ブロッカー(PCAB)は、PPIと同様に胃酸分泌を強力に抑制する新しいお薬です。PPIよりも胃酸分泌の抑制効果が迅速にでると言われています。

 

 

そのほかにも以下のような薬剤が有効です。

 

・抗生剤 : ヘリコバクターピロリと呼ばれる一般的な潰瘍の原因となる細菌が胃の中に存在することが検査で分かった場合、医師は抗生物質と酸抑制薬の併用を勧めることがあります。

・低用量の抗うつ薬 : 三環系抗うつ薬および選択的セロトニン再取り込み阻害薬として知られる薬剤は、低用量で服用すると、腸の痛みを制御する神経の活動を阻害するのに役立つ可能性があります。

・運動促進薬運動促進薬 : 胃がより早く空になるのを助け、胃と食道の間の弁を締めるのを助け、上腹部の不快感の可能性を減らします。

・吐き気を和らげる薬(制吐剤) : 食べた後に吐き気を催す場合は、医師がプロメタジン、プロクロルペラジン、メクリジンなどの制吐剤を勧めることがあります。

 

③行動療法

 

カウンセラーやセラピストと協力することで、薬では治療できないような兆候や症状を和らげることができます。

 

カウンセラーまたはセラピストは、あなたの兆候や症状に対処するのに役立つリラクゼーション法を教えることができます。

 

また、機能性ディスペプシアの再発を防ぐために、人生のストレスを軽減する方法を学ぶこともできます。

 

④運動療法

 

運動療法も機能性ディスペプシアの症状緩和に効果があるのではないかと言われています。とくに一日30分程度の有酸素運動を行うことで効果がでると言われています。どのような運動が良いかというと、ウォーキング、軽いジョギング、サイクリング、水泳、アクアビクスなどです。

 

習慣づけた有酸素運動が望ましいと考えられています。

 

 

機能性ディスペプシアが完治することはあるのか?

 

多くの人が気になるのが、果たして完治するのかです。

 

機能性ディスペプシアの治療を求める人のうち、完治したと報告した人はわずか20%程度しかいないと言われています。

 

ほとんどの人にとって、多くの要因に応じて、無期限に繰り返す慢性的な状態なのです。

 

したがって、症状が発生したときにうまく管理し、症状に影響を与える食べ物、ストレスの引き金、生活習慣についての認識を深めることです。

 

幸いなことに、機能性ディスペプシアは危険または進行性の状態ではないため、良くなることがあれば悪くなることはないはずです。

 

機能性ディスペプシアとうまく付き合うことが大切

 

機能性ディスペプシアのような機能障害は複雑であり、しばしばあなたの消化器系の器質的原因と同様に脳と神経系、食事とライフスタイルなど様々な原因を持ちます。

 

したがって、患者と医師両者ともに頭を抱えている疾患なのです。

 

医学的検査は物事を除外するのに役立ちますが、正確に診断することが難しい場合ももちろんあります。

 

さまざまな治療法を試し、予防策に取り組んでみると、機能性ディスペプシアと一緒に暮らすための独自の方法が見つかります。

 

 

機能性ディスペプシアどうやって診断する?

 

機能性ディスペプシアを診断するためのローマIII基準というものがあり、6ヶ月以上前から症状があり、最近の3ヶ月間下記の基準を満たしていることであり、必須条件は以下の通りです。

 

・食後のもたれ感

・上腹部の痛み

・早期の食後のお腹が張った感じ

・上腹部の熱くほてる感じ

 

症状を説明する可能性のある器質的疾患(胃カメラを含む)の証拠がないことも含まれます。

 

診断されると、機能性ディスペプシア(FD)はさらに、2つのグループである食後苦痛症候群(PDS)と上腹部痛症候群(EPS)に分類されます。

 

消化不良の症状の重症度は、特にPDSにおける腸の症状の存在と関連しており、

 

ただし、多くのFD患者はPDSとEPSの両方が重複しています。

 

 

機能性ディスペプシアに有効な検査方法をご紹介

 

最後に診断方法や検査についてご紹介します。

 

・問診

・身体診察

・血液検査 

・内視鏡検査

 

最後の内視鏡検査が意外にも、重要であり、重篤な器質的な疾患の除外診断として役に立ちます。

 

①問診

 

機能性ディスペプシアの場合、尋ねるべきいくつかの基本的な質問は次のとおりです。

 

・最初に症状が出始めたのはいつですか?

・あなたの症状は継続的または断続的なものですか?

・あなたの症状はどれくらい深刻ですか?

・どちらかといえば、あなたの症状を改善すると思われるものは何ですか?

・あなたの症状を悪化させると思われるものは何ですか?

 

これらを質問し、次に行うべき検査を検討します。

 

②身体診察

医師は続いて、兆候と症状を確認し、身体検査を行います。

 

多くの場合は、医師があなたの不快感の原因を特定し、同様の症状を引き起こす他の障害を除外するのに役立つ場合があります。

 

③血液検査

 

血液検査は、機能性ディスペプシアと同様の兆候や症状を引き起こす可能性のある他の病気を除外するのに役立つ場合があります。

 

血液検査では以下のような項目を検査します。

 

・ヘモグロビン

・AST,ALT,γ-GTP

などを行うことで、貧血、肝臓の問題、その他の症状を評価できます。

 

ピロリ菌の検査

 

医師は、胃の問題を引き起こす可能性のあるヘリコバクターピロリ(H. pylori)と呼ばれる細菌を探すための検査を勧めることがあります。

 

ピロリ菌の検査では、血液検査に加えて、これらの検査には尿素呼気検査と便抗原検査が含まれる場合があります。

 

内視鏡検査

 

 

内視鏡検査は、消化不良症状のある患者の検査の最初の調査として推奨され、器質的疾患と機能性ディスペプシアとしての患者の状態を区別するには不可欠です。

 

医師が食道、胃、十二指腸を内視鏡スコープで直接見ることで消化管に異常がないかどうかをみることができます。

 

内視鏡検査は、消化不良症状のある患者の精密検査の最初の検査として推奨されます。

 

内視鏡検査で発見される異常な所見は以下のようなものがあります。胃潰瘍(1.6–8.2%)、十二指腸潰瘍(2.3–12.7%)、食道炎(0–23.0%)、および胃悪性腫瘍(0–3.4%)などです。

 

消化不良の器質的原因と症状との関係はしばしば不確実であり、器質的原因が治れば必ずしも完全に症状が改善するとは限りません。

 

また、消化不良の患者の内視鏡所見を年齢および性別が一致する対照の所見と比較すると、内視鏡検査によって見られる消化性潰瘍疾患および十二指腸炎の可能性のある例外を除いて、消化性潰瘍症状との臨床的に関連する関連を示していません。

 

このように内視鏡所見に大きく依存する器質性消化不良と機能性ディスペプシアの区別は、非常に難しくなっています。

 

まとめ。機能性ディスペプシアが疑われたらまずは内視鏡検査を受けよう

 

以上のように、機能性ディスペプシアの診断には、消化不良の症状を引き起こしている可能性のある他の症状を除外する必要があります。

 

したがって、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍などの器質的な状態をチェックするためにも、胃内視鏡検査(胃カメラ)がお勧めです。

 

消化器系が正常に見える場合(たとえば、潰瘍がない場合)、機能性の診断を下すことができます。

 

また血液検査、およびヘリコバクターピロリの存在を確認する検査も、FDの診断に役立つ可能性があります。

 

まずは、内視鏡検査を受けましょう。

 

 

記事監修

医療法人社団尚視会 理事長 原田英明

・日本消化器内視鏡学会 専門医 指導医

・日本消化器病学会 専門医

・米国消化器内視鏡学会 国際会員

・欧州消化器内視鏡学会 国際会員

  • 03-3882-714903-3882-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ