ブログ

胃内視鏡検査(胃カメラ)における経口と経鼻の比較について

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

今回は、経口内視鏡と経鼻内視鏡の比較について解説したいと思います。

 

 経口内視鏡と経鼻内視鏡の違いは、一番の違いはスコープの太さが違います。当クリニックでも導入しているオリンパス社の最新の経口内視鏡スコープであるGIF-XZ1200の太さは最大9.9mmで約1cmです。一方、オリンパス社の最新の経鼻内視鏡スコープであるGIF-1200Nですが、こちらの太さは最大5.8mmとなっています。フジフィルム社の内視鏡スコープもほぼ同様の太さとなっています。

 

 経鼻内視鏡であるGIF-1200Nは極細ですので、のどを通過する際にある程度の違和感はあるもののとくに静脈麻酔の必要はないと思われます。ただし鼻の中(鼻腔)に挿入する際に鼻腔が狭い方がいらっしゃいます。鼻腔が狭い場合には、挿入の際に痛みが生じる可能性があります。この痛みは個人差がありますので一概にどの程度とは言えませんが、多くの方は“我慢できる程度”と言うことが多いです。一方、経口内視鏡であるGIF-XZ1200の場合、約1cmの太さのスコープですので意識がある状態でこのスコープをのどに入れられるというのは大変キツイです(わたしは嫌です)。はっきりと言いまして静脈麻酔なしに経口内視鏡での検査はお勧めしません。もう一度言います。そこそこつらいです。ただしこのつらい検査に耐えられる方もいらっしゃいます。どのような方かといいますと、のどの反射がほとんどない方です(御高齢の方が多いです)。歯ブラシを誤ってのど奥に入れてしまった場合にオエオエと反射が起こる方は、間違っても静脈麻酔なしに経口内視鏡での検査を選択するのはやめた方が無難です。

 

 経鼻内視鏡のスコープは鼻の中を通過しないといけませんのでかなり細い構造となっていますが、GIF-1200Nはハイビジョンの高画質を実現しています。しかしながら、画質はスコープの太さにある程度依存しますので、経口のGIF-XZ1200の画質は経鼻のGIF-1200Nよりさらに高画質となっています。

 

 また、経口内視鏡であるGIF-XZ1200では、拡大内視鏡検査ができます。一方、GIF-1200Nでは拡大内視鏡が装備されていません。我々内視鏡医にとってこの拡大内視鏡は非常に重要な技術となっています。検査中に腫瘍などを疑う場合には、この拡大内視鏡を用いて画面をズームにして細かく病変の粘膜や血管などを観察します。GIF-XZ1200では、最大125倍のズームが可能で対象とした病変を詳細に観察することができます。最近ではピロリ菌を除菌された方が増えていますが、ピロリ除菌をすると胃の腫瘍は不明瞭となり形や色が変形するため非常に分かりづらくなります。そのよう場合に拡大内視鏡が装備されているとズームをして詳細に観察することである程度腫瘍と非腫瘍の見分けがつくことがあります。

 

 スコープの太さは鉗子口というスコープにある穴の太さにも影響していきます。この鉗子口という穴を通して胃の中の余分な液体を吸引したり生検鉗子という組織を採取する道具を挿入したりなどします。この鉗子口の大きさは、GIF-XZ1200では2.8mmですが、GIF-1200Nでは2.2mmとなっています。わずか0.6mmの差ですが、この差が私たち内視鏡医にとってはかなりの違いを感じます。胃カメラでは、胃の中を観察する際に胃液を吸引しないと十分な観察ができません。この胃液の中には、人によっては痰などの粘調度の高いドロドロとした液体が混ざっていることがあります。2.8mmのGIF-XZ1200では比較的楽に吸引できることがほとんどですが、GIF-1200Nの2.2mmではなかなか吸引できなくて時間がかかったり、場合によっては吸引できなくて不十分な検査につながることも稀ではありますがあります。

 

 一長一短がある経口内視鏡と経鼻内視鏡ですが、検査時にどのように選択すればいいかと言いますと、状況に応じて選択するのが良いと思います。検査は午前に行うことがほとんどですので、当日の午後から車や自転車などを使用する予定がある場合や大事な仕事があるなどの場合には経鼻内視鏡をお勧めします。当日とくに用事が無く、車・自転車などを使用することが無い場合には静脈麻酔で経口内視鏡での検査をお勧めします。静脈麻酔を行わずにどうしても口からの経口内視鏡をご希望される方に関しては、経鼻内視鏡スコープを使用して口から検査をすることも可能です(極細のスコープですので口からの挿入でもある程度楽に検査ができます)。

 

 今回は経口内視鏡と経鼻内視鏡の比較を説明しました。最後までお付き合いいただきありがとうございました。次回は、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の費用についてお話したいと思います。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ