ブログ

血便は本当に痔から?手遅れにならないための大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

local_offer内視鏡お困りQ&Aブログ

血便は、通常、トイレットペーパーや、便器の水、または便に出血が見られることを言います。

血便を経験した場合は、深刻な病状の兆候である可能性があるため、病院・クリニックに連絡を取り診察を受けることが必要です。

そこで今回は、血便とは何なのか、手遅れにならないために原因や行うべき検査について徹底的に解説していきます。

 

この記事のポイント

 

  • 血便は、軽度のものから、がんのような重篤な状態の兆候までさまざまである
  • 血便の色によって、出血部位を推測することができる
  • 血便の原因としては、痔がよく知られているが、他にも多くの原因がある
  • 血便の検査としては、早期病変の特定のために内視鏡検査が必要

 

血便

 

血便とは?

まず血便とは何なのか詳しく解説していきます。

トイレで便をした際に初めて血を見る人は、驚くかもしれません。

これはしばしば血便と呼ばれ、多くの異なる病状の症状として、軽度のものから、がんのような重篤な状態の兆候までさまざまです。

血便の出方はさまざまであり、いくつかの異なる場面で発見されます。

例えば、トイレットペーパーで拭いた時や、便器の中の水の色、または便自体の色などです。

また血の色に関しても、明るい赤色から暗い栗色、黒色まで、さまざまな色があります。

実は、この血の色は、出血がどこから来ているのかを示している可能性があり、重要なサインとなってます。

 

  • 真っ赤な血:通常、結腸や直腸などの肛門の近くの出血で、出血はそれほど出てないことが多いです
  • 暗赤色または栗色の血結腸または盲腸といった大腸の奥の方からの出血で、比較的多く出血があることを意味する
  • 下血(暗くてタールのような便): 潰瘍などからの出血など、食道・胃・十二指腸などの上部消化管からの出血を指すことがある 

また、血便は自分の目(肉眼)では見えず、顕微鏡でしか見ることができない場合もあります。

血便が起こる原因は痔だけなのか?血便の原因は、痔がよく知られていますが、それだけではありません。

主な原因には次のものがあります。

 

  • 裂肛
  • 肛門周囲膿瘍
  • 憩室炎
  • 炎症性腸疾患
  • 潰瘍
  • ポリープ

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

①痔

血便の最も一般的な原因である痔は、直腸(内痔核)または肛門(外痔核)の静脈の腫れです。痔は、慢性の便秘、排便時の緊張、妊娠、重いものを持ち上げる際や、肛門での性交、体重の増加(肥満)など、さまざまな理由で発症する可能性があります。

 

②裂肛

痔と混同されることがありますが、裂肛は肛門周辺の皮膚の裂傷です。これは、便が固く通りづらい場合に発生し、排便の余分な圧力により、皮膚が裂けて開いてしまいます。裂肛は、トイレに行ったときに血が見えるだけでなく、排便中に熱い感じがすることがあります。裂肛は通常、時間の経過とともに自然に消えます。

 

③肛門周囲膿瘍または瘻孔

肛門の中には、実際には、便を通過させるのに役立つ小さな腺があります。これらの腺は感染して膿瘍や瘻孔を引き起こす可能性があります。肛門内の腺が膿を作り、閉塞を引き起こす場合、それは膿瘍と言われます。痔瘻は、膿瘍と肛門周囲の皮膚をつなぐ小さなトンネルです。

これらの状態は、炎症性腸疾患、結核、または放射線治療によって引き起こされる可能性があります。

 

④憩室症/憩室炎

憩室とは、簡単にいうと消化器系の内壁に形成される可能性のある小さな膨らんだポーチです。

それらは大腸(結腸)の下部に最も頻繁に見られ、特に40歳以降によく見られますが、問題を引き起こすことはめったにありません。憩室の存在は憩室症として知られています。

1つまたは複数のポーチが炎症を起こし、場合によっては感染すると、その状態は憩室炎と呼びます。憩室炎は、激しい腹痛、発熱、吐き気、および排便習慣の著しい変化を引き起こす可能性があります。これらの憩室炎は腸の壁から突き出て、出血や感染症を引き起こす可能性があります。

 

⑤炎症性腸疾患(IBD)

炎症性腸疾患(IBD)は、小腸または大腸の腫れです。

IBDには、クローン病と潰瘍性大腸炎の2種類があります。クローン病は、消化管全体に腫れの斑点ができる状態です。潰瘍性大腸炎では、腫れは主に大腸に限局するのが特徴です。IBDの人は、発熱、下痢、腹痛とけいれん、腸閉塞、血便を経験する可能性があります。

 

⑥潰瘍

腸内の消化液の量のバランスが崩れると、消化管の内壁が損傷し、潰瘍を引き起こす可能性があります。これらは出血する可能性があり、便の色が黒色になることがあります。

 

⑦大きなポリープ

ポリープは、腸の側面からとびでており、キノコのように見えることがあります。大きなポリープは出血し、血便を引き起こす可能性があります。場合によっては、治療せずに放置するとポリープが癌になることがあります。

 

⑧大腸がん

最後に見逃してはいけないのが、大腸がんです。

大腸がんの症状として、消化管に出血することがよくあり、血液が便に見られたり、暗く見えたりすることもあります。血便は、大腸がんの兆候である可能性があるため、血液検査や内視鏡検査などで早期発見することが重要です。

 

血便が手遅れになると、どうなる?では、手遅れになるとどうなってしまうのでしょうか?

考えられるリスクについて見ていきましょう。

 

血便は大腸がんの兆候となる

血便が関連するものとして、最も怖いのが大腸がんです。肛門からの出血は、大腸がんの兆候である場合があります。これは、早期に発見された方が扱いやすいため、チェックすることが重要です。

 

若い人でもがんや炎症性腸疾患などのリスクとなりうる

がんは高齢者で多いですが、若い成人でもしばしば血便を引き起こす可能性があります。

潰瘍性大腸炎やクローン病などの過敏性腸疾患は、多くの場合、20代または30代の成人に発生することもあります。これらは、今後大腸がんのリスクを高める可能性があります。

また、大腸がんと診断される若い成人が急増しており、この病気は現在、20〜45歳の人々の癌による死亡の主な原因となっています。したがって、たとえ数日後に血が消えたとしても、若い成人は血便を無視してはならないのです。出血を引き起こすいくつかのケースは治療せずに解決する場合が多いですが、癌や炎症性疾患のような場合では治療が必要になります。それらを早期に特定することで、より良い治療結果を得ることができます。

 

どんな検査が必要なのか? 

結論から言うと、便潜血での早期病変の特定は困難なため内視鏡検査が必要となります。

と言うのも、血便が起こる疾患は、大腸か肛門に見られますので、大腸内視鏡検査で診断をつける必要があります。

血便の原因を診断するのに役立つ検査には、次のものがあります。

  1. 病歴と身体検査
  2. 大腸内視鏡検査
  3. X線検査や血管造影検査
  4. 便潜血検査

 

病歴と身体検査

まずは、何よりも病歴聴取と血液検査が不可欠です。

病歴聴取に関しては、血便に関する周辺状況について尋ねることから始まります。

 

  • 血便はいつ始まりましたか?
  • 血便が出る前日に何を食べましたか?
  • どのくらいの頻度で排便がありますか?
  • 便秘になったことはありますか?
  • 排便中に緊張していましたか?
  • 血便があるときに痛みがありますか?
  • 痔はありますか?
  • 炎症性腸疾患はありますか?
  • 大腸がんの家族歴はありますか?

 

これらの質問は、医療提供者が出血の考えられる原因を絞り込むのに役立ちます。そして、血液検査では、血球数やヘモグロビンの値など患者が貧血であるかどうかを示しており、出血の程度とそれがどれほど慢性的であるかについて考察することができます。続いて有用なのが、内視鏡などの画像検査です。

 

大腸内視鏡検査

内視鏡検査は、出血部位を直接観察できる一般的な診断技術です。

内視鏡は病変を検出し、出血の有無を確認できるため、医師は急性出血の患者を診断するためにこの方法を選択することがよくあります。多くの場合、医師は内視鏡を使用して出血の原因を治療することもできます。内視鏡は、口や直腸から挿入できる柔軟な器具です。

この器具により、医師は食道、胃、十二指腸(食道十二指腸鏡検査)、結腸(結腸内視鏡検査)、および直腸(S状結腸鏡検査)を調べることができます。また小腸内視鏡検査は、長い内視鏡を使用しており、小腸の未確認の出血源を特定するために使用できます。

 

その他の画像検査

出血の原因を突き止めるには、他にもいくつかの方法があります。一般に、バリウムX線は、出血部位の特定において内視鏡検査よりも精度が低くなります。バリウムX線の欠点は、少なからず患者へのX線暴露があり、内視鏡のような生検や治療はできないことです。

 

血管造影検査は、造影剤を使用して血管を強調して映し出す検査法であり、患者が急激に出血している状況で最も役立ちます。造影剤が血管から漏れ出し、出血部位を特定することができ、血管造影により、出血を止める可能性のある動脈に薬を注射し治療することもできます。

 

糞便検査(便潜血)

糞便検査では、便に隠れた(潜血)血液が存在することを確認できます。これは、結腸がんやその他の消化管の健康問題の指標となります。医師は、血便の原因を発見するために、これらの検査の1つだけを実施するか、複数の検査を行うこともあります。

 

内視鏡はどんな感じ?

最後に内視鏡検査についてですが、前述した通り、内視鏡検査は、腸の内部をチェックするための検査です。この検査は、腸の症状の原因を見つけるのに役立ちます。内視鏡検査の前に下剤を与え、腸の中をスッキリとした空の状態にします。そして、内側に小さなカメラが付いた長くて細い柔軟なチューブを挿入します。

 

挿入後は、ビデオカメラを内蔵したチューブにより、大腸の内層のライブ画像を見たり、撮影することもできます。これら操作により、血便の原因となる可能性のある直腸または大腸内の状態を特定する場合があります。大腸ポリープは、大腸内視鏡検査の途中で対処することもでき、時間の経過とともに大腸がんの可能性を減らすのに役立ちます。最近では、カプセル内視鏡検査というものもあり、経口ピルのように、ワイヤレスカメラを収納した小さなカプセルを飲み込むだけで検査を受けることが可能です。大腸内視鏡検査と同じように、この小型カメラは、消化器系の画像を撮影して送信します。

 

内視鏡検査の検査の流れ

具体的な検査の流れについてです。医師はまず、あなたの内視鏡検査の準備のために以下のような指示を行います。

 

  • 内視鏡検査の4〜8時間前に飲酒と食事をやめます
  • 服薬の中止:特定の薬の服用をやめます。内視鏡検査の数日前に、特定の抗凝血薬の服用を中止する必要があります。
  • 大腸前処置:下剤を内服して大腸内を空っぽの状態にします

 

特定の指示 :

内視鏡検査中では、抗血栓薬が出血のリスクを高める可能性があります。また、既往歴の確認の確認が必要となります。糖尿病、心臓病、高血圧などの慢性疾患がある場合は、医師が投薬に関する具体的な指示を出します。

内視鏡検査の前に服用している薬とサプリメントについて医師に伝えてください。

内視鏡検査は、状況にもよりますが、通常15〜30分程度かかります。

内視鏡検査の後、回復エリアで座ったり横になったりして安静にします。

内視鏡検査後に次のような軽度の不快な兆候や症状が現れることがあります。

  • 膨満感とガス
  • お腹のハリ
  • 喉の痛み

これらの兆候と症状は時間とともに改善しますが、万が一、不安や非常に不快なことがある場合は、医師に連絡してください。

 

まとめ。血便が見られたら内視鏡検査を受けよう

便に血が混じっている場合は、医師の診察を受けることが重要です。

特に、大腸癌は主要な死因の一つであるため、50歳未満の若い人であっても、便中の血液を無視してはいけません。今回説明したような検査の中でも特に、内視鏡検査は早期の病変の診断のために有用であるため、必ず受けるようにしましょう。

具体的な内視鏡検査の手順や撮り方についても今回の記事で説明してますので、参考にしてください。

 

記事監修

医療法人社団尚視会 理事長 原田英明

・日本消化器内視鏡学会 専門医 指導医

・日本消化器病学会 専門医

・米国消化器内視鏡学会 国際会員

・欧州消化器内視鏡学会 国際会員

 

  • 03-3882-714903-3882-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ