食道粘膜下腫瘍(Esophageal submucosal tumor)

食道粘膜下腫瘍とは

粘膜下腫瘍とは、消化管の壁の粘膜の下にできる腫瘍のことをいいます。そのため、表面の粘膜は正常の粘膜で覆われているため膨らみがあることで粘膜下腫瘍であると分かります。食道の粘膜下腫瘍の多くは、平滑筋腫という良性の腫瘍であることがほとんどです。稀に消化管間葉系腫瘍(GIST)や悪性リンパ腫などの悪性の腫瘍の場合があり、手術や化学療法などが必要となることがあります。

症状

嘔吐腫瘍が小さい場合には、とくに症状はありません。腫瘍が大きくなると食道の通過障害が生じ、嘔吐・食欲不振・体重減少などの症状がでます。GISTや悪性リンパ腫などの場合には、表面の真ん中辺りが潰瘍化して出血して吐血や下血・黒色便などの症状がでることがあります。

治療

腫瘍が小さく良性の場合には経過観察で十分です。悪性が疑われる場合や通過障害がある場合には切除が必要となります。粘膜下腫瘍には、食道の壁の内側にできる壁内型と壁の外側にできる壁外型があります。壁内型で腫瘍がさほど大きくなく筋層まで及ばない場合には内視鏡での切除(EMR or ESD)が可能です。壁外型や腫瘍が大きくリンパ節への転移などが疑われる場合には外科手術となります。他の臓器に転移している場合などには化学療法などが選択されます。

      食道粘膜可下腫瘍        下部食道の粘膜下腫瘍             超音波内視鏡での粘膜下腫瘍

  • 03-3882-714903-3882-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ