食道がん

食道がんとは

飲み込みにくいのどから胃の間をつなぐ食道の粘膜にがんが生じている状態です。半数は中央部に発生し、下部の発生もそれに次いで多くなっています。男性に多い傾向があり、飲酒で顔が赤くなる方や習慣的に飲酒や喫煙をされている方は発症リスクが高くなります。食道がんは、腺がんと扁平上皮がんに分けられます。腺がんは逆流性食道炎やバレット食道といった胃酸の逆流による慢性的な炎症によって発症しやすくなるとされています。扁平上皮がんは、飲酒や喫煙、熱いものを飲み込むことによって発症リスクが上昇するとされています。
食道粘膜は胃粘膜などに比べて薄く、進行や転移しやすいことから早期発見が重要ながんです。

症状

早期の食道がんは自覚症状をほとんど起こすことがなく、進行してからのどの違和感などを生じます。のどがチクチクする、飲み込む際にしみるなど、軽度の症状であり、症状は現れたり消えたりします。さらに進行すると、つかえ感、飲み込みにくさが現れます。食道粘膜は薄いため転移を起こしやすいとされていて、転移による胸痛、背中の痛み、咳、声がれなどが生じて発見されることもあります。
早期発見は、症状のない段階で受けた胃カメラ検査で偶然発見されるケースがほとんどを占めます。当院では、胃カメラ検査の際に、食道、胃、十二指腸の粘膜をすみずみまで確認し、通過する際に確認できるのどの粘膜の状態もしっかりチェックしています。当院で導入している内視鏡システムは、特殊光や拡大などの高度な機能を備えており、経験豊富な専門医が丁寧に検査を行っていますので、微細な早期食道がんの発見も可能です。

早期食道がん通常観察早期食道がん・通常観察
早期食道がんNBI観察早期食道がん・NBI観察
早期食道がんルゴール散布早期食道がん・ルゴール散布
早期食道がん・通常観察早期食道がん・通常観察
早期食道がん・NBI観察早期食道がん・NBI観察
早期食道がん・NBI拡大観察早期食道がん・NBI拡大観察
  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ