便潜血陽性

便潜血陽性の方へ

便潜血便潜血陽性と診断された場合には大腸がんや大腸ポリープのリスクが高いと言われています。便潜血陽性の場合、大腸検査が必要となります。便潜血検査は2日法が一般的ですが、1回(1日分)でも便潜血陽性となった場合は検査を受けることを強くお勧めします。
検査としては、大腸カメラ、CTコロノグラフィ―、カプセル大腸内視鏡検査などがあります。いずれもなんらかの前処置が必要となります。検査の精度、その場で処置ができるとなると大腸カメラが最も効果的な検査です。下剤で便を全て排泄して大腸内をクリーンな状態にする必要はありますが、検査自体は静脈麻酔の使用や浸水法を使用した挿入などにより楽に検査を受けることが可能です。大腸カメラについて詳しく相談されたい方は当院までご相談ください。

便潜血検査で陽性となった場合

便潜血検査陽性は、便に肉眼では見えない程度の血が混じっているということであり、消化管のどこかで出血が起きています。消化管の出血を生じる疾患は、胃がんや大腸がんをはじめ多数あります。そこで、便潜血検査陽性だった場合には、2次検査として精密検査を受ける必要があります。

造影剤を使ったX線検査

造影剤を使ったX線検査は現在も便潜血検査陽性の2次検査として行われていますが、X線検査では発見しにくい場所や病変があります。また、粘膜表面の微細な変化や毛細血管の集まりといった状態を観察することもできません。そして、組織採取もできないことから確定診断のために改めて大腸カメラ検査が必要になります。

大腸カメラ検査は早期大腸がんを発見可能な唯一の検査

大腸カメラ大腸カメラ検査は、大腸全域の粘膜をすみずみまで観察できます。当院では特殊光や拡大、画像処理などの高度な機能を搭載した最新の内視鏡システムを導入しています。微細ながんも血管の広がりを確かめることで短時間に発見することができます。また炎症を強調表示して範囲や状態を確かめやすくできます。
検査中に内視鏡によって組織を採取できますので、多くの疾患の確定診断にも役立ちます。
大腸カメラ検査は症状のない早期がんや前がん病変の大腸ポリープの発見が唯一可能な検査です。

専門医による楽な大腸カメラ検査

大腸カメラ検査は、医師の技術力や経験、使用する機器によって精度や不快感が大きく変わる検査です。当院では大学病院レベルの内視鏡システムを使い、高度医療機関で研鑽を積んだ専門医が短時間に精緻な検査を行っています。鎮静剤を用いた検査も可能ですので、眠っているような楽な状態で検査を受けていただけます。精度が高く、不快感がほとんどない検査を行っていますので、安心してご相談ください。

早期大腸がんや前がん病変のポリープは検査中の切除が可能

早期の大腸がんや前がん病変のポリープは、大腸カメラ検査中に切除することが可能です。大腸がんは進行してしまうと命に危険が及ぶこともあり、大変な治療が必要になります。早期大腸がんの段階で切除できれば、ほとんどの場合、完治が望めます。また前がん病変の大腸ポリープを切除することで、将来の大腸がん予防になります。
定期的に大腸カメラ検査を受けている場合、大腸がんは怖い病気ではなくなります。検査中の切除が行えることで別の日にスケジュールを作る必要がなく、事前の食事制限や下剤服用も1度で済みます。また、日帰り手術として行いますので入院の必要もありません。

便潜血検査陽性は早期発見につながるきっかけ

便潜血検査陽性で大腸カメラ検査を受けた場合、最も発見される数が多い疾患は痔であり、大腸がんが発見されるのは数%とされています。ただし、前がん病変の大腸ポリープは30%発見されているという報告があります。前がん病変の大腸ポリープを切除することで将来の大腸がんが予防できますので、精密検査として大腸カメラ検査を受けるのは有効性が高いのです。
便潜血検査の大規模な調査では、受診者1000人で陽性が約50人、50人の1~2人が大腸がんと報告されています。
ただし、便潜血検査では大腸がんがあっても陰性という結果が出てしまう可能性もあります。便潜血検査では、大腸ポリープの多く、早期大腸がんの半分、そして進行大腸がんの場合も約1割が陰性になって異常なしとされてしまいます。便潜血検査では大腸がんが見逃されることが多いと理解した上で、陽性になったことを早期発見につながるきっかけととらえて、できるだけ早く大腸カメラ検査を受けるようにしてください。

便潜血検査陰性の方へ

便潜血検査では陰性になっても、前がん病変の大腸ポリープ、早期大腸がん、進行した大腸がんの多くが見逃され、陰性になってしまいます。便潜血検査が陰性になってしまう場合も、定期的な大腸カメラ検査を受けていれば早期発見による治療で楽に治すことができ、予防もできます。陰性の場合も、前がん病変の大腸ポリープのリスクが上昇しはじめる40歳を超えたら、大腸カメラ検査を受けることをお勧めしています。 

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ