消化器内科

消化器内科

診察風景消化器内科では、消化管である食道・胃・十二指腸・小腸・大腸と、胆のう・膵臓・肝臓といった消化器全体の専門的な診療を行っています。症状・体調・既往症などについても詳しくお話を伺っていますので、お気軽にご相談ください。問診後は必要な検査を行って診断し、結果をわかりやすくご説明した上で治療方針についてご相談し、適切な治療を行っています。

健康診断結果に不安がある際にも

健康診断結果健康診断や人間ドックなどで受けた胃X線検査・便潜血検査・ピロリ菌検査で要精密検査や異常を指摘された際には、お早めに消化器内科を受診してください。胃がんや大腸がんといった深刻な消化器疾患でも、早期発見できれば適切な治療でそのほとんどは完治可能です。健診結果に不安がある際にもお気軽にご相談ください。
当院では消化管および胆膵領域を中心として消化器内科全般の診療を行ってきた専門医が、早期発見・治療に力を入れた診療を行っています。知識や技術の高さ、幅広い症例経験に加え、最新の高度な内視鏡システムを導入して精密な胃カメラ検査・大腸カメラ検査を行っています。
痛みや不快感なく、楽に受けられる胃カメラ検査・大腸カメラ検査を行っており、軽く眠っているような深いリラックス状態で検査を受けていただける鎮静剤を用いた検査も行っています。もちろん、鎮静剤を使用しない検査でも苦痛や不快感を最小限に抑えています。鎮静剤を使わない場合は検査中に医師と会話が可能です。鎮静剤を使用した場合は、検査後30分程度の休憩に加え、当日は自動車・バイク・自転車の運転ができませんので、送迎や公共交通機関をご利用される必要があります。鎮静剤の有無はご希望に合わせた選択が可能です。
大腸カメラ検査中に切除可能な大腸ポリープを発見した場合には、その場で切除することで将来の大腸がん予防につなげています。
なお、胃と大腸の同日検査も可能です。また、平日には検査スケジュールをつくれないお忙しい方に向けて、土日の胃カメラ検査・大腸カメラ検査も行っています。
早期発見のためには、症状のない段階で胃カメラ検査を1年ごと、大腸カメラ検査を2年ごとに受けることが有効です。当院では、幅広い消化器疾患に対して専門性の高い診療を行っていますので、内視鏡検査をはじめ、消化器疾患の定期的な検診はお任せください。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ