粘液産生膵腫瘍(MCN)

粘液産生膵腫瘍(MCN)とは

内視鏡検査MCNは、膵臓にできる嚢胞状の腫瘍の一種です。MCNは、中年の女性に多く、膵臓の体部および尾部という場所にできることがほとんどです。診断は、CTやMRIなどの画像検査を行い、より精密に検査をする場合は超音波内視鏡検査(EUS)が必要です。さらにEUS下で組織を採取することでより正確な診断が可能となります(EUS-FNA)。MCNは、悪性化し易いため発見された場合は外科手術が基本となります。

  • 03-3882-714903-3882-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ