吐き気

吐き気でお困りの方へ

吐き気吐き気は、みぞおちや胸にむかつきが起こり、嘔吐感を生じている状態で、悪心とも呼ばれます。消化器などが刺激されて起こる吐き気と、中枢が刺激されて生じる吐き気に分けられます。薬の副作用、つわり、舌の根元への刺激、消化器疾患など、さまざまな原因によって起こります。嘔吐は、胃などの内容物を口から吐き出すことで、急性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腸閉塞といった消化器疾患、片頭痛、メニエール病、脳腫瘍、緑内障発作などで生じる場合があります。なお、嘔吐は有害なものを素早く排出するという重要な役割を担っていますので、薬などで無理に抑えるとかえって危険なこともあります。お早めに受診してください。

吐き気の原因

日常的な原因では、食べすぎや飲みすぎ、ストレス、乗り物酔い、食中毒、薬の副作用、妊娠中のつわりなどで生じます。また原因疾患には、急性胃炎、慢性胃炎。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、虫垂炎(盲腸炎)、腹膜炎、逆流性食道炎、腸閉塞(イレウス)、急性膵炎、慢性膵炎、急性肝炎、胆石症、胆のう炎、メニエール病、突発性難聴、自律神経失調症、くも膜下出血、脳出血脳腫瘍、緑内障などがあります。

嘔吐の原因

日常的な原因は吐き気とほぼ同じですが、異物がのどに入ってしまってこうした症状を起こすことがあります。
原因疾患には、急性胃炎・慢性胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、急性腹膜炎、虫垂炎、腸閉塞(イレウス)、慢性膵炎、片頭痛、メニエール病、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍などがあります。

吐き気・嘔吐の検査

内視鏡検査原因には、緊急受診が必要な疾患も数多く含まれていますので、早急に受診して適切な治療を受けることが重要です。問診で症状の内容や起こるきっかけ、既往症や服用されている薬などについて詳しく伺って、触診などを行います。必要な検査を行い、結果を総合的に判断して診断しています。特に有効性が高い検査は胃カメラ検査です。当院では鎮静剤を使うことで楽に受けていただける内視鏡検査も可能です。高度医療機関で研鑽を積んできた専門医が精密な検査を行っていますので、安心してご相談ください。胃カメラ検査で病変が発見できない場合には、連携している眼科・脳神経外科などから適切な医療機関を選び、速やかにご紹介しています。

吐き気・嘔吐の治療方法

原因に合わせた治療を行うための、問診結果や検査結果を踏まえて治療を行っています。原因にアプローチする治療と、症状を軽減させる治療を行っていきます。消化器疾患以外の原因で吐き気や嘔吐を起こしている可能性がある場合には、連携している適切な高度医療機関をご紹介しています。安心してご相談ください。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ