げっぷとおなら

げっぷやおならでお困りの方へ

ガス溜まりげっぷやおならが出ること自体は生理現象です。早食いするとげっぷが出やすくなり、偏食するとおならが増えることがあります。こうしたげっぷやおならは特に問題ありませんが、他の症状を伴う場合や、回数が増えている状態が長く続く、おならが出ないという場合には、消化器内科の受診が必要です。
また、生活習慣によってげっぷやおならが出やすい場合、専門医の立場から改善のためのアドバイスも行っています。げっぷやおならでお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

げっぷの症状を起こす疾患

食道裂孔ヘルニア

胃の一部が横隔膜にある食道裂孔を通じて胸部にはみ出してしまっている状態です。胃の内容物が食道に逆流しやすい傾向がありますが、そのままでも問題がないこともよくあります。ごくまれに手術を必要とするケースがあります。

逆流性食道炎

胃の内容物が食道に逆流して食道粘膜に炎症を起こしている状態です。呑酸という酸っぱいものが上がってくる感じのげっぷを起こすことがあり、胸やけ、胃もたれ、咳などの症状を起こします。

機能性ディスペプシア

胃もたれ、胃痛、膨満感、吐き気などの症状を起こしますが、胃粘膜に炎症などの異常が確認できない状態です。消化管の機能異常や知覚過敏などによって生じているとされています。神経性胃炎と診断され、あまり有効な治療がされてこなかったのですが、現在は効果の期待できる治療法が登場して改善しやすくなっています。
機能性ディスペプシアは専門性の高い治療が必要な疾患ですので、症状があっても病変が見つからないと言われてしまった方もお気軽にご相談ください。

呑気症

食事などの際に大量の空気を無意識に飲み込んでいて、げっぷや膨満感を起こします。早食いで起こりやすく、ストレスが影響することもあります。

おならの症状を起こす疾患

おならが増える疾患

機能性便秘

腸の蠕動運動低下によって便が渋滞しています。便が長期間腸管にとどまることでおならが増えます。おなら以外では、膨満感、食欲低下などを起こすこともあります。

過敏性腸症候群

原因はまだはっきりわかっていませんが、ストレスが自律神経のバランスを乱して腸の機能低下を起こし、腹痛、下痢・便秘を起こしていると考えられています。膨満感やガスが出やすくなる、腹鳴などの症状を起こすこともあります。

呑気症

早食いやストレスなどにより食事などの際に大量の空気を無意識に飲み込んでしまい、げっぷや膨満感を起こします。

おならが出なくなる病気

腸閉塞

蠕動運動低下や腸管の癒着などによって腸の内容物が先に進まなくなっている状態です。膨満感、嘔吐、腹痛を起こすことが多くなっています。おならが全く出ない場合、早急な受診が必要です。

大腸がん

大腸がんなどによって腸閉塞を起こし、おならが出なくなることがあります。この場合は早急な受診が必要です。

検査

胃カメラ検査、大腸カメラ検査、X線検査などから必要な検査を行い、問診や触診などの内容も踏まえて総合的に判断して診断します。当院では楽に受けられる胃カメラ検査・大腸カメラ検査を行っていますので、安心してご相談ください。
胃カメラ検査は、食道・胃・十二指腸という上腹部の疾患が疑われる場合に行われます。粘膜の状態を詳細に確認でき、組織採取による確定診断も可能です。
大腸カメラ検査は、大腸疾患が疑われる場合に行われます。粘膜の状態を詳細に確認でき、組織採取による確定診断も可能です。また、検査中に前がん病変の大腸ポリープが発見された場合にはその場で切除することも可能です。
X線検査は、腸閉塞などの状態を把握するために有効です。

げっぷやおならは消化器内科を受診しましょう

診察げっぷやおならも消化器疾患の症状として現れることがあります。中には早急な受診が不可欠なケースもありますので、気になるげっぷやおならがありましたら、早めに当院を受診してください。また、疾患が原因ではなくてもげっぷやおならでお悩みの場合には、専門医の立場から改善のためのアドバイスを行っていますので、お気軽にご相談ください。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ