機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアとは

吐き気 女性胃もたれや膨満感、みぞおちの痛みや不快感など上部消化管の症状がありますが、胃カメラ検査で粘膜を観察しても炎症などの病変がない状態が機能性ディスペプシアです。以前は神経性胃炎・ストレス性胃炎、慢性胃炎などと診断されて適切な治療を受けられず、症状に長くお悩みになる方が少なくなかったのですが、現在は有効な治療法が登場してきています。
機能性ディスペプシアはまだあまり知られていませんが、日本人の10人に1人が発症しているという調査報告がされたこともあり、珍しくない病気です。上腹部の消化器症状があって、検査を受けても異常が発見されない場合には、機能性ディスペプシアの有効な治療が可能な消化器内科の受診をお勧めします。

機能性ディスペプシアの原因

炎症など器質的な問題ではなく、機能不全や知覚過敏、ストレス、・ピロリ菌感染、遺伝、生活習慣などのさまざまな原因によって生じていると考えられています。また複数の要因が関与し合って悪化させてしまうケースもあります。

上部消化管(食道・胃・十二指腸)機能不全

消化管は蠕動運動によって食べ物を先へ送り出しています。この蠕動運動機能に問題が起こると、送り出されるタイミングが遅れたり早まったりして症状を起こします。蠕動運動の機能不全は、ストレス、暴飲暴食、食事のタイミングやとり方、喫煙、アルコールなどによって起こります。また、大腸の蠕動運動が低下して便秘しやすい方の機能性ディスペプシア発症もよくあります。

上部消化管(食道・胃・十二指腸)知覚過敏

炎症などをきっかけに、ちょっとした刺激で症状を起こしやすくなっています。十二指腸は特に、胃酸や脂肪へ過敏に反応して症状を起こすこともあります。

ストレス


ストレス男性脳と消化器官は互いに影響を与える相関関係があり、さらに消化管の機能をコントロールしているのは自律神経です。こうしたことから、消化管はストレスの影響が出やすい傾向があります。機能性ディスペプシアも心身のストレスが発症や悪化に大きく関わります。

ピロリ菌感染

ピロリ菌感染は機能性ディスペプシアにも関係していることが明らかになってきています。機能性ディスペプシアの方がピロリ菌の除菌治療に成功して症状が軽減することもよくあります。

上記以外にも、遺伝や生活習慣などが発症や悪化の要因として指摘されています。

検査・診断

胃カメラ検査で粘膜に異常が認められない状態であり、みぞおちの痛み、胸やけ、胃もたれ、早期満腹感という症状のうち1つ以上が慢性的にあると医師が確認することで、機能性ディスペプシアと診断されます。胃カメラ検査以外にも、血液検査などを行って他の疾患がないかを確かめ、ピロリ菌感染の有無を確認するための検査も行います。

ピロリ菌と機能性ディスペプシア

現在、消化器内科で専門性の高い診療を受けることで適切な診断と治療が可能になった代表的な疾患が、機能性ディスペプシアとピロリ菌感染による萎縮性胃炎です。ピロリ菌感染陽性の場合、慢性的な胃炎が続いて胃粘膜が萎縮し、胃がん発症リスクの高い萎縮性胃炎に進行する可能性があります。ピロリ菌に感染していると胃の蠕動運動などの機能が低下しやすく、機能性ディスペプシア発症のリスクが上昇します。その場合、ピロリ菌の除菌治療に成功することで蠕動運動の機能回復も見込めます。慢性的な胃の症状がある場合には、専門医による適切な検査と治療を受けることをお勧めしています。

治療

機能性ディスペプシアの治療では、薬物療法と食生活を含めた生活習慣の改善を行います。

薬物療法

症状を起こしている原因にアプローチする薬を処方します。胃酸分泌抑制薬、胃の機能改善や粘膜保護・修復を促す薬、そして漢方薬の併用も行っています。患者様の症状や体質、ライフスタイルなどに合わせて処方し、再診でもお話を伺って処方の微調整を行っています。
ピロリ菌感染検査で陽性の場合には、除菌治療が有効です。
また、症状によっては、抗うつ薬や抗不安薬で効果を得られるケースもあります。

生活習慣・食習慣の改善

消化管をコントロールしている自律神経の働きを整えるためには、規則正しい生活が有効です。また、水分をしっかりとって、少量ずつゆっくり、よく噛んで食べることも重要です。また、食後はしっかり休んで消化管への負担を減らしましょう。

再発予防

適切な生活習慣と食習慣の改善を続け、ストレスと上手に付き合うことを心がけてください。無理のない範囲の改善を地道に続けることが重要です。

生活習慣改善

毎朝、早めに起きて朝食をしっかり食べ、規則正しく暮らすことで生活リズムを取り戻しましょう。朝日をしっかり浴びると体内時計がリセットされ、生活リズムを整えやすくなるとされています。食事だけでなく、十分な休息と睡眠、適度な運動も不可欠です。生活習慣を改善すると体力・代謝・免疫力も上昇します。なお、消化器症状を起こしやすくする喫煙はできるだけ控えてください。

食習慣

バランスの良い食事を3食、規則正しくとってください。食事の際には、「よく噛む」「食べすぎない」ことが重要です。また食後は十分な消化ができるようしばらくは安静に過ごしてください。神経質になると逆に大きなストレスになってしまいますので、無理なくできる範囲で行いましょう。

ストレスの解消

どんな環境・境遇でもストレスをゼロにすることはできないため、ストレスといかにうまく付き合えるかが重要になります。寝室や浴室などをリラックスできる空間にする、趣味や運動のための時間を定期的につくるなど、ご自分に合った解消法をみつけてください。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ