下痢

下痢でお困りの方へ

女性 腹痛水のようなゆるい便が頻繁に排泄される状態です。腹部が締め付けられるような痛みを伴うこともよくあります。冷えや暴飲暴食など日常的な原因によって起こることも多く、ほとんどの方は下痢を経験されていると思います。症状が軽く、短期間に改善する場合は問題がないことも多いのですが、症状が長く続く、おさまっても何度も繰り返す場合には、早急な治療が必要な疾患の可能性があります。また、下痢があって十分な水分摂取ができないと脱水を起こしやすいため、そうした場合には早めの受診が重要です。また、特に問題がない場合も、下痢が続くと日常生活に支障を及ぼします。下痢でお困りの方は、当院までご相談ください。

慢性と急性

口から摂取する水分と胃腸から分泌される消化液を合わせると、消化管には約10Lの水分があることになります。7~8Lは小腸で吸収されて、残りのほとんども大腸で吸収され、通常の便には100ml程度の水分が含まれています。
下痢は、小腸での水分吸収量減少や分泌増加、大腸での水分吸収が妨げられることで生じます。急激に発症して2週間以内に改善する急性下痢と、軟便が4週間続く慢性下痢に大きく分けられます。

下痢の症状を起こす主な疾患

過敏性腸症候群

大腸粘膜の炎症といった病変がなく、機能や知覚過敏、ストレスなどによって激しい腹痛を伴う便秘や下痢といった便通異常や膨満感などを起こす疾患です。下痢型、便秘型、交代型に大きく分けられ、下痢型では突然激しい腹痛が起こってトイレに駆け込むと水のような下痢になるという症状が典型例です。交代型は便秘と下痢を繰り返します。お腹が弱い体質と誤解されやすいのですが、適切な治療で改善できる疾患であり、放置していると生活の質を低下させ、さまざまな支障や不便の原因になることがあります。お悩みがありましたら、早めにご相談ください。

大腸ポリープ

大腸ポリープができた場所や大きさなどによって、下痢症状を起こすことがあります。大腸ポリープは良性腫瘍ですがほとんどが腺腫であり、放置しているとがん化することがあります。将来がん化する可能性がある大腸ポリープは前がん病変であり、ポリープの段階で切除することで大腸がん予防につながります。ポリープが肛門に近い場所にある場合には硬い便が擦れて血便の症状を起こすこともあります。また、ポリープがさらに大きくなると便の通過が妨げられて、便が細くなったり、便秘になったりすることもあります。

感染性腸炎

ウイルスや細菌などに感染して生じる下痢です。原因となる主な病原体には、サルモネラ菌、O-157、ノロウイルスなどがあります。激しい下痢を起こすことが多く、発熱や嘔吐を伴っている場合には脱水を起こしやすいので注意が必要です。感染性腸炎の場合、市販の下痢止めを服用すると病原体や病原体が作り出す毒素の排出ができなくなり、状態が悪化してしまうこともあります。急激に激しい下痢が起こった場合には消化器内科を受診して原因を確かめ、適切な治療を受けるようにしましょう。また、水分摂取を十分に行えない場合は速やかに医療機関を受診してください。

炎症性疾患

潰瘍性大腸炎やクローン病のような慢性的な炎症性疾患も、主な症状に下痢があります。どちらも難病指定されていて、症状のある時期と、症状が落ちついている時期を繰り返します。正確な鑑別と専門性の高い治療が必要な疾患です。慢性的に下痢を繰り返す場合にはできるだけ早く消化器内科を受診するようお勧めします。

検査

便の色や状態、匂いなどの特徴、頻度、他の症状、海外渡航歴や既往症、服用されている薬などについて問診で伺います。炎症性疾患が疑われる場合には、大腸カメラ検査で粘膜の状態をすみずみまで調べ、組織を採取して病理検査を行って確定診断につなげます。当院では高度な研鑽を積んできた専門医が丁寧に検査を行っており、軽い鎮静剤を使ってリラックスした状態での検査も可能です。
また、血液検査・便潜血検査・便培養検査・便中カルプロテクチン検査などを行うこともあります。

治療

原因となる疾患がある場合にはその治療を行います。脱水を起こす可能性がある場合には点滴などを行います。冷えや暴飲暴食などによる下痢の場合には、水分の十分な補給、消化しやすく腸への負担が少ない食事、足腰を冷やさないといった基本的な対応が重要です。

急性下痢

脱水を起こさないように十分な水分摂取を行ってください。冷水はお腹を刺激して下痢症状を悪化させやすいため、常温か湯冷ましのような温度のものを飲んでください。カフェインなどの刺激物を含んでいないものが適しています。なお、発熱や嘔吐があって十分な水分補給ができない場合には、すぐに医療機関を受診して点滴などを受けてください。
食事は、胃腸に負担をかけない白粥や煮込んだうどん、すりおろしたリンゴ、コンソメスープや出汁などが適しています。少量ずつ、ゆっくり食べてください。
感染症の可能性もありますので、受診して原因がわかるまではご自身も周囲も、手洗いなどの感染対策を徹底して行ってください。また、食材を扱う仕事、調理、医療・介護、子どもと接する仕事をされている場合、症状が完全におさまって48時間以上経過するか、医師の許可が出るまでは仕事をお休みするようお勧めしています。

慢性下痢

まずは消化器内科を受診して、適切な治療を受けることが大切です。その上で、冷たいもの、刺激の強いカフェインや香辛料、アルコールを控え、牛乳や脂肪分など下痢をしやすい食材があったらそれも避けましょう。消化しやすい食事を心がけ、足腰を冷やさないようにしてください。

下痢は消化器疾患の症状として起こっていることが多く、放置していると深刻な状態になってしまう可能性もあります。急激に強い症状が起こった、他の症状が伴う、慢性的に下痢が続くといった場合は、お気軽にご相談ください。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ