膨満感

お腹の張り・膨満感でお困りの方へ

膨満感膨満感は、お腹が張って苦しい状態のことです。食事などの際にはどなたでも空気を飲み込んでしまうものですが、その量が多くなると膨満感を起こします。便秘などで起こることも多いのですが、早急な治療が必要な疾患によって起こっていることもあります。
激しい腹痛や息苦しさが伴う場合や、急に強い膨満感が起こった場合には速やかに医療機関を受診してください。
また、むくみ、尿量減少、腹痛、息苦しさ、食欲不振など、膨満感以外の症状が伴う場合もできるだけ早く消化器内科を受診してください。
何日か便やガスが出ずにお腹が張る、げっぷやガスが増えた、食後や睡眠中のお腹の張りが気になるなど、お腹の張り・膨満感が気になる場合も気軽に消化器内科を受診してください。

膨満感が伴う病気

病気が原因で腹部膨満感が続いている可能性があります。

便秘

腸に便がたまって膨満感を起こしやすく、腹痛などを伴うこともよくあります。便秘は疾患の症状として起こっていることがあります。また、便秘が続くことで大腸疾患や痔を発症・進行させることもあります。消化器内科を受診して専門的な治療を受け、しっかり治して再発させないようにしましょう。

腸閉塞

腸管の癒着や蠕動運動の低下、腫瘍、血流障害などによって内容物が先に進まなくなっている状態です。膨満感、嘔吐、腹痛を起こすことが多く、激しい痛みを生じることもあります。早急な治療が必要な場合もありますので、こうした症状があったらできるだけ早く受診してください。

過敏性腸症候群

炎症や潰瘍などの病変はありませんが、腹痛、下痢・便秘、膨満感などの症状を慢性的に起こす疾患です。腸の機能不全や知覚過敏などによって起こっていると考えられており、ストレスをきっかけに症状を起こすことがあります。適切な治療で不快な症状を改善できる病気ですので、お早めにご相談ください。

呑気症

食事などの際に空気を大量に飲み込んでしまい、胃などに空気がたまってしまって膨満感を起こします。げっぷやガスが増えることもあります。

逆流性食道炎

胃の内容物が食道に逆流し、胃酸や消化酵素によって食道粘膜に炎症を起こしている状態です。高齢者に多い疾患ですが、近年は食の欧米化によって若い世代の発症も増えています。主な症状は胸やけや呑酸(酸っぱいげっぷ)、咳などで、膨満感が起こることもあります。逆流性食道炎は再発しやすいのですが、食道の炎症が長期間続くと食道がん発症リスクが上昇してしまうため、早めにしっかり治すことが重要です。

急性胃腸炎

ウイルスや細菌による感染、薬など、さまざまな原因で胃腸の粘膜が急激な炎症を起こしている状態です。吐き気や嘔吐、腹痛、下痢が主な症状ですが、膨満感や発熱、食欲不振などを伴うこともあります。

機能性ディスペプシア

胃の不快感、胃もたれ、みぞおちの痛み、膨満感、少量で満腹になってしまうなどの症状を起こします。粘膜に炎症などの病変がなく、消化管の機能や知覚過敏などによって症状を起こしていると考えられています。近年は適切な治療によって改善できるようになっています。症状があるのに異常がないと言われたなどでお困りの場合はご相談ください。

腹部の腫瘍

腹部の膨満感を起こす腫瘍には、胃がん、大腸がん、膵臓がんなどがあり、女性の場合には卵巣腫瘍なども疑われます。

上腸間膜動脈症候群

十二指腸から小腸につながる部分も周辺には、上腸間膜動脈などの血管があります。通常は間に脂肪が存在しますが、急激に痩せるとこの部分の脂肪がなくなってしまいます。脂肪がなくなると血管からの圧迫を十二指腸が受け、膨満感、腹痛、食後の胃もたれなどを起こします。仰向けになると血管からの圧迫が強くなって症状が現れ、うつぶせになると圧迫がなくなって症状が改善する傾向があります。

膨満感が続く場合は消化器内科を受診しましょう

診察腹部膨満感が続く場合、そして他の症状を伴う場合には、疾患によって生じている可能性がありますので、まずは当院までご相談ください。原因に心当たりがある場合も、適切な治療で解消できれば生活の質を向上できます。
膨満感はなかなか症状を伝えにくいと感じる方も多いと思いますが、医師が必要な質問を行いますのでお気軽にご相談ください。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ