血便

血便でお困りの方へ

血便便に血液が付着していた、排便直後に血液がポタポタ垂れる、便全体が赤っぽい、便が真っ黒く粘り気があるなど、血便にはさまざまなものがあります。血便が生じるのは、消化管のどこかから出血しているという身体からの重要なサインです。

速やかな受診が必要な血便

腹痛、便秘、貧血(冷汗・めまい・頻脈など)といった症状を伴う血便があった場合は、速やかに消化器内科を受診してください。
また、血便の量が多い場合も速やかな受診が必要です。消化管に潰瘍や腫瘍がある、食道静脈瘤や大腸憩室から出血している可能性があります。
血便が長期間続く場合も、多くの消化器疾患が疑われます。こうした場合もできるだけ早く医療機関を受診する必要があります。
大量の出血は命に危険を及ぼす可能性もあります。また、血便を切れ痔やいぼ痔(内痔核)と誤解して放置し、深刻な状態になってしまうこともあります。血便があったらすぐにご相談ください。

出血部位の目安になる血便の色

血便は、便に血液が付着している、全体に赤い・黒い、血液や粘液だけ出てくるなど性状がさまざまです。そして、消化管で出血が起こる可能性がある部位には、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門があります。血便の性状を観察することで、出血している部位がある程度推測できます。血便があったら、色や量などをしっかり確認して、受診の際に詳しくお伝えください。

鮮やかな赤色

肛門や直腸など、肛門に近い部分の出血が疑われます。

黒みがかった赤

大腸の奥や小腸、十二指腸までの間の出血が疑われます。
血液の塊が出てくることもあります。

黒く粘り気のあるタール便

胃や食道などからの出血が疑われます。

粘液の混じる粘血便

血液だけでなく、粘液も混じる血便です。大腸の炎症性疾患などが疑われます。

血液に含まれる鉄分は時間経過によって酸化し、血便は出血部位が肛門から遠ざかるにつれて黒っぽくなります。
受診の際には血便の色といった特徴や、頻度、他の症状などについてもお伝えください。こうした情報をお伝えいただくことで、優先度の高い検査を効果的に行うことができ、的確な診断を早く出すことができます。

血便起こすことがある疾患

大腸がん

ほとんどは放置された大腸ポリープから発生し、早期に自覚症状を起こすことはほとんどありません。硬い便が通過する場所にがんが発生し、サイズが大きくなると便が擦れて出血し、血便を生じることがあります。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜にびらんや潰瘍が慢性的に生じる難病指定の炎症性疾患です。激しい腹痛、下痢、血便が主な症状で、改善と悪化を繰り返し、炎症が長期に及ぶと大腸がんのリスクが上昇してしまいます。適切な治療を続けて良好な状態をキープすることが重要です。

日本人の3人に1人が痔を発症するとされています。切れ痔やいぼ痔の内痔核は排便時に出血することが多く、内痔核は特に大量に出血することがあります。放置すると肛門機能に障害を生じたり、侵襲の大きい手術が必要になったりすることもありますので、症状に気付いたら早めに受診してください。

感染性腸炎

ウイルスや細菌に感染して腸の粘膜が炎症を起こしている状態です。炎症が強いと出血を起こして血便を生じることがあります。細菌感染の場合は抗生物質による治療で治ります。

大腸ポリープ

大腸粘膜の表面にできた良性腫瘍です。大部分は腺腫であり、放置していると長い時間をかけてがん化することがあります。ポリープの段階で切除することで将来の大腸がん予防になります。大腸カメラ検査時に発見した前がん病変の大腸ポリープは、その場で切除する日帰り手術が可能です。

虚血性腸炎

大腸に栄養や酸素を送っている血管が狭窄や閉塞を起こして血流が低下し、大腸粘膜が炎症を起こす疾患です。主な症状は激しい腹痛と下痢、血便です。軽度であれば絶食と点滴を行い、安静にして腸を休ませることでほとんどは自然治癒します。

憩室出血

憩室は粘膜にポケット状の組織ができている状態です。憩室部分の粘膜は薄いため、出血を起こしやすい傾向があります。憩室出血は突然、大量の血液が肛門から出てきます。痛みがあることはほとんどなく、あった場合も下痢のような腹痛程度です。いったん出血が止まっても再出血を繰り返すことがありますので、早めに受診してください。

血便と内視鏡検査

内視鏡検査血便は、胃や腸などのどこかで出血を起こしているサインです。血便の状態によって出血を起こしている場所はある程度わかりますが、正確な場所やその部分の状態を確認しなければ適切な治療はできません。血便は深刻な疾患の症状でも現れます。どんな疾患でも早期に適切な治療ができれば楽に治せる可能性が高くなります。
出血した場所の特定と、状態の把握、正確な診断に最も有効な検査は、胃カメラ検査や大腸カメラ検査です。食道・胃・十二指腸からの出血が疑われる場合には胃カメラ検査を、大腸からの出血が疑われる場合には大腸カメラ検査を行います。胃カメラ検査・大腸カメラ検査では、粘膜をすみずみまで観察できます。当院では特殊光や拡大、画像処理などの高度な機能が搭載された内視鏡システムを用いて経験豊富な専門医が丁寧に検査しています。
内視鏡検査では検査中に発見した病変の組織を採取できるため、病理検査を行って確定診断が可能です。また、検査中に出血している部分の止血処置もできます。当院では痛みを最小限にするきめ細かい配慮をしており、鎮静剤を使って眠っているような状態で検査を受けていただくことも可能です。
血便があった場合には、安心してご相談ください。

血便があったら、できるだけ早く医療機関へ

診察少量でも血便があった場合には、できるだけ早くご相談ください。血便が起こった場合、疾患が原因になっていることが多く、その場合には少しでも早く適切な治療を行うことが重要です。当院では高度医療機関で消化器疾患に関する研鑽を積んだ専門医が診療を行っていますので、安心してご相談ください。
そして、血便には緊急受診が必要なケースもあります。大量出血や、激しい痛みを伴う場合、そして冷汗・めまい・頻脈など貧血症状が伴う場合は、一刻も早く医療機関を受診してください。

  • 0120-36-71490120-36-7149
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約
  • 求人情報はこちら
TOPへ